逃走失敗!

篠田麻里子、閉店の“言い訳”ツイート連発! イメージ暴落で「デザイナー仕事は絶望的」

2014shinodamariko.jpg
篠田麻里子オフィシャルサイトより

 元AKB48・篠田麻里子がプロデューサーやデザイナーを務めたファッションブランド「ricori」の営業停止騒動が、想像以上に篠田のイメージダウンを招いている。同ブランドの全店閉鎖が発表された当日、篠田はTwitterで「私篠田麻里子も去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です」とよそよそしいコメントを発表していたが、直後からネット上では「今さら『もう関係ない』はないでしょ」「嘘でもいいから謝罪すればいいのに」と批判が殺到。

 またすぐに、篠田が今年に入ってからもricoriプロデューサーの肩書を使用して、イベント出演も行っていたことが確認されたため、このツイートは責任逃れの印象しか残さなかったようだ。

「お決まりのマスコミ圧力で、スポーツ紙やテレビ番組などは篠田の“責任逃れ”コメントはほぼスルーでしたが、ネット上では日に日に篠田に対するバッシングが強まっていきました。また一部週刊誌では、運営会社が破産に至るまでのイザコザも報じられることとなり、本人は23日深夜に、ブログとTwitterで再度釈明。ところがこの文章が、さらにバッシングの火に油を注いでしまう内容でした」(芸能ライター)

 篠田はTwitterで、突然の発表に驚いたとしながらも「ずっと自分の言葉で皆さんに伝えたかったです」「整理するのに時間がかかってしまい、仕事で海外に行ってたことも重なり皆さんにきちんとお伝えする日が遅くなってしまい申し訳ありません」と謝罪している。

「最初に、あれだけ素っ気ないコメントを出しておきながら、今さら『自分の言葉で伝えたかった』と言われても、誰も共感はしないでしょう。コメントが遅れたことについては、海外での仕事を理由にしていますが、その最中にもツイートは普通に行われていた。さらに毎週レギュラーで生出演している『PON!』(日本テレビ系)にも普通に出演していることから、かなり苦しい言い訳となってしまいました」(芸能プロ関係者)

 『PON!』では、篠田の肩書が「モデル・女優・デザイナーetc.」から「マリコさま」に変わっていたことも話題に。やはり篠田の“なかったことにしたい”という思いが伝わってくるかのような措置で、ネット上では「経歴詐称?」と、またしても株を下げてしまう結果に。

 騒動を振り返ると「騒動がここまで続いてしまったのは、やはり最初のツイートが原因でしょうね。その後の釈明を見ても、予想以上の批判に驚いているといったところでは。周囲はもう少しきちんと篠田の言動をマネジメントしなければならないでしょう」(同)という。かつて「名前だけを貸すようなやり方はしたくない」と語っていた篠田がデザイナーとして再出発する日は、もう訪れないのかもしれない。

そしてまたステマタレントが爆誕?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー