[女性誌速攻レビュー]「ar」8月号

女子グラビアは秀逸でもイケメン消費が下手! 女性誌の弱さを露呈した「ar」

ar1408.jpg
「ar」2014年7月号(主婦と生活社)

 20代後半を読者対象としたビューティ&ファッション誌「ar(アール)」(主婦と生活社)。今月号は、ヘアスタイルの大特集を組んでおり、表紙に大きく「可愛くなりたきゃ髪変えれば?」と書いてあります。よくあるヘアアレンジ紹介やヘアカタログのページが中心になっているのですが、そこに添えられている文章が「ar」ならでは。たとえば、「おしゃな“夏”雌髪10のアイディア」(←タイトルからすでにおかしい)という企画から引用しますと……。

「ヘッドアクセ代わりの三つ編み&カラフルゴムで無防備かつピースフルな愛すべきお気楽ノリをアピっちゃいます☆」
「キリッと男前なストロー素材の中折れハットに、エッジの効いたフィッシュボーンおさげ。ベースはガーリー、それでいてどこかピリッと辛口なスタイリングを採用して、ヤボったさ皆無のアーバンカントリーを狙いましょ」
「洗い髪っぽい質感でドキドキを誘いつつ、辛口グラサンで無理めを気取る。どっちやねん的裏腹感が最高なんです」
「ウエットなヘアやマダミーなサングラスでオンナ盛りにトライ。その結果、プールサイドでカクテルを傾けてる系女子にシフト成功~。自分史上最高の高嶺フェロモンに大満足しちゃって~」

 いったいどうしたらこのような文章が書けるのか。ライターとして感心したり嫉妬したりしながら文章をじっくり読んだため、肝心のヘアスタイルが目に入ってきませんでした。なんだ、「自分史上最高の高嶺フェロモン」って(笑)。開けてはいけない扉を開けてしまったような気持ちです!

<トピック>
◎安室奈美恵 SUPER CASUAL BOOK
◎イケメてる美容師で~たFILE
◎ビキニのために生きてんの

■アクはマネジャーに任せて!

 カバーガールは安室奈美恵。中のページにもグラビア+インタビューが掲載されています。安室奈美恵といえば、90年代から変わらずカッコイイ存在として君臨しています。かつて厚底+へそ出しというおよそ男ウケしなさそうなファッションを大々的にはやらせ、人気絶頂期の20歳で結婚と妊娠を発表。出産、母親の死、離婚を20代のうちに経験し、アイドルを脱皮して、いつのまにか洋楽寄りの本格派アーティストになり、いまや36歳。いまだに若い女子のあこがれの筆頭として名が挙がります。本当に稀有な存在です。そのアムロちゃんに、「ar」は「全女子の憧れ、安室さんの考える女子力って?」という質問を投げかけています。確かに、女性としてどう生きたらそんなふうに輝けるのか、知りたいですよね。下記は、そのアムロちゃんの回答の抜粋。

安室、基本なにも考えてないんだよ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  11. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  12. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  13. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  14. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  19. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー