[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

田中聖、ホストプロデューサー転身!?  ジャニーズ現役・OBのホストクラブ計画の黒幕

koukiegao.jpg
ホストが選択肢に上がってくる状況がクレイジー

 元KAT-TUN・田中聖が、ホストデビューとアーティスト活動を天秤にかけていると、「週刊文春」(文藝春秋)24日発売号が報じている。昨年9月のジャニーズ事務所の解雇後、なかなか芸能活動の実態は見えてこない田中だが、水面下では予想外の展開が繰り広げられていたようだ。

 同誌によると、田中をスカウトしているのは、都内・歌舞伎町の老舗ホストクラブ「愛」グループで、本店のナンバー2ホストである高岡早紀の実兄・高岡賢太郎氏だという。高岡氏はかつて沖縄在住で、現地で田中をアテンドした仲なのだとか。高岡氏は田中に、ジャニーズのOBや現役メンバーだけが在籍するホストクラブのプロデューサーを務めてもらう報酬として、年間数千万円もの契約料を持ちかけてきたという。

「高岡氏は田中だけでなく、元光GENJIの赤坂晃や大坂俊介といった“辞めジャニ”勢に声を掛けているという話も。赤坂は以前、歌舞伎町でバーを経営しており、同店では元ジャニーズをバーテンとして雇い、連日元ファン女性などで店は大盛況でした」(週刊誌記者)

 退所後も看板商法には厳しいジャニーズだけに、大々的な宣伝こそ難しいものの、ファン女性をターゲットにしたホストクラブとなれば、確かに勝算は高いだろう。田中はジャニーズJr.内ユニット・Question?の元メンバーらにも声を掛けているそうだが、同時進行で以前サイゾーウーマンでも報じた通り、吉本興行関係者にも接触を図っているという(既報)。

「田中は自分と同じく元ジャニーズで現ONE OK ROCKのボーカル・Takaのように、音楽での再デビューも夢見ているため、ホストの道へ行くことに二の足を踏んでいるそうです。そのため、吉本のレーベルからCDをリリースするあやまんJAPANの所属事務所と、水面下で業務提携の話も進めていました。また田中は、ジャニーズを辞めた直後から『アミューズ(※ONE OK ROCKが所属する大手芸能プロ)に行きたい』と周囲に漏らしていただけに、この頃からTakaの転身に対するあこがれを抱いていたのかもしれません」(芸能プロ関係者)

 しかしデビュー直後にNEWSを脱退したTakaに比べて、幾度となくスキャンダル報道に晒された後に解雇された田中が、芸能界で同じ扱いを受けられるはずもない。本人はホストと音楽の間で葛藤しているようだが、どちらも自由に選択できるものだとは、決して思わない方がいいだろう。

ジャニーズ辞めてからの方が人生長いからね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク