その他
【ジャニーズ研究会レポート】

堂本版との比較も減り、好評!? 山田涼介版『金田一』は下ネタ演出がカギ

jyamada06.jpg
下ネタとかいいたいお年頃なんだよね~

【ジャニーズ研究会より】

<ジャニタレドラマ・ネットの声>

『金田一少年の事件簿N』(日本テレビ系、毎週土曜21時~)初回視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 初代であるKinKi Kids堂本剛を筆頭に、2代目・松本潤(嵐)、3代目・亀梨和也(KAT-TUN)と“ジャニーズの指定席”と言われてきた、ドラマ『金田一少年の事件簿』シリーズの主人公・金田一一(はじめ)役。Hey!Say!JUMP山田涼介が演じる4代目としては、2013年・14年の2回にわたり正月スペシャルドラマとして放送されてきましたが、7月19日に13年ぶりに連続ドラマ『金田一少年の事件簿N』として復活しました。

 初回2時間スペシャルとして選ばれたのは、“銀幕の殺人鬼”シリーズ。名探偵を祖父に持つ高校生・金田一・一(はじめ)は、幼なじみの美雪(川口春奈)が映画研究部の部長・蔵沢光(神木隆之介)からヒロインにスカウトされたことを知り、撮影を見に行くことに。カメラが回り始めると、舞台の緞帳が上がり、大量の16ミリフィルムで天井から吊るされた映研部員の泉谷シゲキ(岡山天音)の死体が現れます。実は、有名な映画監督を祖父に持つ蔵沢が監督した映画『殺人鬼スコーピオン』には隠された秘密があり、制作にかかわった生徒に次々と魔の手が忍び寄るのです。一は映画制作に隠された悲劇や密室トリックを解き明かし、犯人逮捕へと導くのでした。

 実写版『金田一少年~』が放送される度にネット上にあふれるのは、「堂本版が一番いい」「初代を超えられない」といった、“堂本版金田一”を賛美する声です。今回も同様の声が上がりましたが……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  11. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  20. キャラ変え好調の乙武洋匡

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー