嵐・二宮和也はなぜ『ピカンチ』でヒッピー姿に? その独自の表現スタンスを読み解く

20140118-nino.jpg
現在、教師役でドラマの主演を務める二宮和也。

【リアルサウンドより】

 の5人が主演する映画『ピカ☆★☆ンチ(ピカンチ・ハーフ)LIFE IS HARD たぶんHAPPY』(8月1日~31日、東京ドームシティホール)のチケット約25万席が発売翌日に完売し、大阪、名古屋、福岡、札幌でも拡大公開されることが決定、大きな話題となっている。

 同作は、東京の巨大団地で育った同級生5人の青春映画『ピカンチ』シリーズの最新作で、前作から8年後を描いている。先日18日に初公開されたポスタービジュアルでは、屋形船でラーメン屋を開いたシュン(相葉雅紀)は水兵服、ボンボンのボン(松本潤)は妙にリッチなスーツ、苦労人のハル(大野智)はくたびれたスーツ姿、暴走族上がりのチュウ(櫻井翔)は立派なサラリーマン姿を披露している。驚きはタクマ(二宮和也)で、長髪にバンダナという謎のヒッピースタイルになっている。いったいなぜ、彼だけが妙に目立つ格好になっているのだろう。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク