フジ『若者たち2014』視聴率急落も、監督はどこ吹く風「視聴者がどのくらい離れるか、予想がついた」

wakamonotachi0717.JPG
フジテレビ『若者たち2014』番組サイト

【日刊サイゾーより】

 連続ドラマ『若者たち2014』(水曜22時~)の第2話が16日に放送され、平均視聴率7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。初回の12.7%から4.9%ダウンしたことが分かった。

「フジは『HERO』が26.5%の好発進を見せたものの、『若者たち2014』『GTO』『あすなろ三三七拍子』と、いずれも7%台と後がない。特に“フジテレビ開局55周年記念企画”をうたっている『若者たち2014』は、『北の国から』の杉田成道監督が約20年ぶりに連ドラのメガホンを取り、妻夫木聡、蒼井優、瑛太、満島ひかり、長澤まさみなど、主役級の役者を取りそろえた。それだけに、今回の数字には、企画自体の責任を問う声も上がっている」(芸能記者)

 同作は、1966年に同局で放送された名作『若者たち』をベースに、若者たちの葛藤が描かれる青春群像劇。杉田監督は、先月開催された試写会に訪れた約200人の反応を見て、「(前作から)50年たって振り子が戻ってきて、当時の感性と通じるものがあるのではないか」と手応えを語っていた。

 しかし、お茶の間でプロレス、出前のソバすすり、大声での兄弟ゲンカ……と古い作風に……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク