サイゾーウーマン勝手に調査団

芸能関係者がこっそり語る、撮影現場で恐れられている“王様”“女王様”タレント

2014haruma.jpg
三浦春馬オフィシャルサイトより

 撮影現場などで「誰の言うことも聞かない」という王様・女王様気取りの芸能人のうわさは、メディア関係者の間で常にささやかれている。そこで今回は、若手俳優や女優の“知られざる“暴君ぶり”を調査した。

「やっぱり若手ナンバーワンは、武井咲じゃないですかね。人によって態度を変えるというよりも、自分のテンションによってガラッと態度が変わるんです。撮影にスポンサー関係者が来ているのに、『なんでやらなきゃいけないワケ?』と言い出した時には、プロデューサーから彼女のマネジャーまでドン引きでしたからね。それでも映画やドラマのオファーは続いているのだから、ある意味大したものですが」(制作会社関係者)

 武井には、“元ヤンキー説”もかねてからささやかれているだけに、すでに慣れっこの関係者も多いとか。そして同じく、バラエティ番組で「食べ方が汚い」と話題になったこの人も、周囲を困らせるほどの女王ぶりなのだとか。

「若手女優で恐れられているのは、北川景子ですよ。とにかく自分中心でないと気が済まないようで、若手スタッフへのムチャぶりや無視は当たり前。マネジャーなんかも見て見ぬふり状態で、とにかく機嫌を損ねないようにスタッフ一同ピリピリしているそうです。現在放送中の『HERO』(フジテレビ系)には、同じく“独裁者”“裸の王様”と評判のSMAP・木村拓哉が主演だけに、現場のスタッフはヒヤヒヤしているそうです(笑)」(芸能プロマネジャー)

 そして“王様”として名前が挙がったのは、意外すぎるイケメン若手俳優だ。

「最近、現場スタッフを困らせているというのが、三浦春馬です。昔はそれこそADにさえ気を遣うような優等生だったのですが、ここのところ『この場面に自分は必要なんですか?』『このセリフを言う意味がわからない』などと、撮影に入ってから駄々をこね出すのだとか。それだけ、作品への熱意があるということかもしれませんが、以前とはまるで別人のような言動だけに、スタッフの間では『もしかして交際中の蒼井優のワガママが伝染ってしまった?』とささやかれているそうです」(週刊誌記者)

 こうした王様・女王様たちを支えるスタッフの尽力もあって、数々のヒット作品が作られていると考えると、その“縁の下の力持ち”ぶりには頭が下がるばかりだ。

春馬が着実にUZの跡を継いでいる気がする

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク