そして相棒がいなくなる

『相棒』水谷豊の“独裁”炸裂! シリーズ当初からのプロデューサーを「クビ」に

aibou12.jpg
『相棒 season12』(テレビ朝日系)公式ホームページより

 劇場版の大コケ、主演・水谷豊が「相棒・成宮寛貴のクビ」を命じたという報道が波紋を呼んだ『相棒』(テレビ朝日系)。10月クールの最新作では「シリーズの根底を覆しかねない」驚愕の人事が発令されているという。昨年までの好調は鳴りを潜め、日本テレビの快進撃に押されているテレビ朝日だが、ここにきてロングヒット作まで失ってしてしまうのか?

「10月クールのテレ朝ドラマの目玉は、『もう続編は辞めたい』という米倉涼子を編成が拝み倒した『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第3弾、そして『相棒season13』です。ところが『相棒』は、水谷の指示によって、なんとプロデューサーが変更になってしまったようなんです」(芸能プロ幹部)

 もはやテレ朝の連ドラの看板にまで成長した『相棒』シリーズだが、水谷による「独裁政権」であることが知られており、寺脇康文、及川光博と、相棒役を演じた俳優が次々と降板。そして4月の劇場版公開後、水谷は成宮の演技力に不満を募らせ、成宮の降板と及川の復帰をプロデューサーに直談判したと言われている(既報)

「しかしプロデューサーはこれを頑として譲らず、成宮の続投で話はまとまっていたんです。ところが今度は水谷さんの不満が、成宮ではなくプロデューサー自身へと向かってしまった。そして先日に発表されたキャスト表では、2000年の第1作から担当プロデューサーだったM氏が、本当に交代させられていました」(同)

 10月度の『相棒』のプロデューサーは、『TRICK』(同)や映画『少年H』などのプロデューサーを務めたK氏。劇場版『相棒』では企画も担当しており、水谷とも縁のあるヒットメーカーではあるものの「本人は『果たして自分で大丈夫なのか』と、困惑の色を隠せないようです」(同)とか。

 あるテレビ局プロデューサーは、「ドラマがヒットするかどうかは、主演とプロデューサーに全てがかかっている」というだけに、今回の人事の結果によっては、いまだに10%台後半の好視聴率をキープする『相棒』の“視聴率神話”さえ崩れてしまいかねない。そうなれば、キャストやスタッフの交代といった話では収まらず、打ち切りの可能性まで出てきてしまうが、果たして新作『相棒』の運命はいかに――。
(須田恭也)

あんまり頑なだと老後がさみしくなるよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー