「可愛い子いない」の波紋

AKB48・小嶋陽菜、ヒール発言で話題を集めざるを得ない「尾木プロの二番手」の現在地

kojimaharuna.jpg
「可愛い子は……いません!」

 AKB48・小嶋陽菜が、14日放送の『有吉AKB共和国』(TBS系)で「SKEって、普通に顔が可愛くて人気の子っていないんですね」と発言したことが、ネット上で話題になっている。

 この日放送では、SKE48の須田亜香里、松村香織ら若手人気メンバーが出演。ファンに対して自らケンカを売る松村を「炎上商法」をイジり倒し、また『AKB48選抜総選挙』でのロングスピーチが話題になり“ウザキャラ”ともいわれる須田については、有吉が「アイドルは顔が可愛ければそれでいいと思っているので、残念ながら失格」と切り捨てると、小嶋も参戦。冒頭の「可愛い子いない」発言へとつながったのだ。

「これに対してネット上では、『自分が可愛と思っているのが伝わってくる』『ホントに自信満々だね』と非難轟々。しかし、『まあこじはるらしいけど』といった声もあり、小嶋=ヒールキャラのイメージが定着しつつあるようです」(芸能ライター)

 小嶋がこうしたヒールにシフトチェンジした背景には、運営や事務所サイドの戦略ミスが影響しているという。

「前田敦子が卒業した当初、小嶋所属の『プロダクション尾木』は、今後のAKB48人気2トップを大島優子と小嶋にしたいと強く希望していました。その戦略として、女性ファンを多く獲得していこうと、下着メーカーとのコラボや化粧品CMの出演などに力を入れていたんですが、運営や事務所の期待通りの成長は見られませんでした」(広告代理店関係者)

 女性ファンの新規開拓が伸び悩んだ原因の1つとして考えられているのが、総選挙時の“媚びキャラ”だったという。

「投票数の中間発表で、小嶋は毎回『開票日まではすっごく不安ですね。。』『私も不安だけど、頑張ろ』などと、ファンに対して大量投票をうながしていました。そんな、ファンに媚びるようなスタイルは、やはり女性ウケは悪いんですよね」(同)

 そんな女性人気の獲得が思うようにいかなかった小嶋は、現在「二番手以下の扱い」(週刊誌記者)だという。先日の総選挙を見てもわかる通り、前田や大島、そして前回第1位のHKT48・指原莉乃所属の「太田プロ」政権を崩すこととなったのは、期待された小嶋ではなく同じ事務所の渡辺麻友だった。

 すでにトップの期待も掛けられなくなった小嶋の“ヒールキャラ”は、今後も加速していくのだろうか?

日本ではなにかと不器用な人の方が好まれる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー