突然の終幕!

篠田麻里子ブランド「ricori」閉店の舞台裏! ずさんな運営と“金子賢”との謎のつながり

shinoda.jpg
「マリコ様」とはなんだったのか?

 AKB48・篠田麻里子が、プロデューサー兼デザイナーを務めるファッションブランド「ricori」の東京・大阪・福岡の全店が、閉店していたことが明らかになった。ricoriのオフィシャルブログとTwitterアカウントが16日に「誠に突然ではございますが、2014年7月15日付けをもちまして、ricoriは全店閉店致しました」と、事後報告となる形で発表。また16日午後4時現在、オフィシャルサイトは「システムメンテンナンス中」という表示が出ているのみとなっている。

 13年2月に1号店がオープンした同ブランドだが、俳優である金子賢との“不可解”なコラボや、オープンからわずか半年で大阪・心斎橋店が閉店したことが話題に。その際には閉店を知らず、店舗を訪れてしまったファンもいたことから、「運営会社にまったくやる気が見受けられない」(芸能プロ関係者)という厳しい声もあったが、最後の最後までこのやる気のなさは改善されなかったようだ。

 スタート時、篠田は記者会見で「大島優子や板野友美からも好評を得た」と大々的に宣伝。しかしネット上では「普段使いできない」「通販サイトの方が安いだけマシ」といった声のほか、「女性向けブランドのはずなのになぜメンズアイテムが?」と、実はオタクファン狙いという“ダブルスタンダード”への批判も出ていた。

「さらに問題視されたのが、金子賢との“公にならない”関わりです。金子はかねてからブログでアパレル関係の仕事をしているとつづり、名前こそ出さなかったものの『お披露目会』としてアップした写真が、ricoriの内装とまったく同じだったことから、両者の関連性は確実視とされていました。さらにあるブランド関係者が、ricoriについて『ブランドの影の功労者は金子賢ちゃん』と書いたことも話題になっています」(芸能ライター)

 しかしその後も、ricoriと金子の関係が明かされることはなかった。金子ほどの有名俳優であれば、公にしてもなんら不思議ではないはずが――。

「数社が取材に動くも、ハッキリとした関係性は不明のまま。一度格闘家に転向し、その頃から関東連合との関係をうわさされる金子だけに、篠田側としても名前を出してほしくなかったのかもしれません」(同)

 なお、篠田は16日午後12時頃にInstagramで「夏だね 今からワクワクするところに」と絵文字付きで写真を投稿。ファンからは「ricori 殘念」「ricoriどうしたんですか?」などとコメントが寄せられているが、本人からのコメントはない状態。今後、次に新たな事業を開始するにしても、こうした“事後報告”だけは改善してほしいものだ。

「元AKB48」から逃れられない呪い……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  14. 『カウコン』意外な舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー