その他
【ジャニーズ研究会レポート】

『同窓生』の初回、TOKIO松岡昌宏の強引なキスシーンにファンは爆笑

『同窓生』の初回、TOKIO松岡昌宏の強引なキスシーンにファンは爆笑

 『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』などで知られるマンガ家・柴門ふみの作品が、7月期のドラマとして登場しました。それが、7月10日にスタートした、井浦新主演ドラマ『同窓生~人は、三度、恋をする~』です。2011~12年に青年コミック誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で連載していたマンガを原作に、中学校の同窓会で25年ぶりに再会した40歳の男女4人の恋模様を描いています。  第1話は、4人の再会シーンを中心に、それぞれの背景が語られました。主人公の柳健太(井浦新)は、3年前に離婚し、勤務していた大手化学メーカーも辞め、今は実家の小さなクリーニング店で働いています。中学時代に彼と付き合っていた鎌倉あけひ(稲森いずみ)は、カリスマ美容師の妻となり3人の子を持ち一見幸せそうですが、夫の高圧的な態度に萎縮する日々。女生徒の人気者だった桜井遼介(TOKIO松岡昌宏)は、業界最大手のゼネコン勤務。娘のお受験に熱中する妻に冷めており、外で女性たちを次々に口説き落とす生活を続けています。薬剤師で独身の広野薫子(板谷由夏)は、結婚をあきらめマンション探しに勤しむ生活。後日、あけひはわざわざ電車に乗って健太のクリーニング店に洗濯物を持ちこみ、そのままふたりで中学校へ。そこで、あけひは「私にキスして」とせまり健太を激しく動揺させますが、健太から「不倫なんてしちゃいけないことだろ」と拒絶されます。一方、遼介は薫子の薬局を訪ね、強引に薫子の唇を奪いますが、薫子は激怒。同窓会をきっかけに互いに心を乱され始めた4人の関係性が、2話以降どのように変わっていくのかが見どころとなっています。...



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

『同窓生』の初回、TOKIO松岡昌宏の強引なキスシーンにファンは爆笑のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック