[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

V6・三宅健、『音楽のちから』で“サボった”森田剛に「踊れよ、ちゃんと」と指導!

miyakeken02.jpg
「まあ僕が一番かわいいのは知ってますけどね!」

 12日午後12時から約11時間にわたって放送された『THE MUSIC DAY 音楽のちから』(日本テレビ系)。昨年から引き続き嵐・櫻井翔が司会を務め、ジャニーズからはTOKIO、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMPが登場し、超豪華な「ジャニーズ40人シャッフル『スーパーヒットメドレー』」が行われたことも話題に。番組の視聴率は昨年を上回る高数字だったという。

 今年の『音楽のちから』の視聴率は、午後12時~5時の第1部が9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、2部(5時20分~7時)は12.3%、3部(7時~10時54分)で16.0%を獲得と、高視聴を記録した。

 今回の目玉企画は、ジャニーズ7組40人をシャッフルした新ユニットごとにヒット曲を披露する「スーパーヒットメドレー」。1曲目から嵐・松本潤やV6・三宅健、NEWS・手越祐也らがKAT‐TUNの「Real Face」を歌唱して会場を盛り上げた。そんな中、V6・三宅は番組終了後に携帯公式サイト・Johnny’s Webの連載「にこにこ健゜」で同番組について「ジャニーズコラボものもあったりと、カウントダウンみたいで楽しかったです」と、感想をつづった。V6は昨年末の『ジャニーズカウントダウンコンサート2013‐2014』に出演しなかったため、グループの垣根を超えたシャッフルユニットが懐かしく感じられたのかもしれない。

 また、三宅は森田剛がNEWSの「希望~Yell~」を歌う場面で、1人だけ振り付けを一部やらずに歌っていたことを本人に指摘したそうで、「『踊れよちゃんと(笑)』といえば『階段はあぶないから(笑)』だそうです(笑)その言い訳(笑)」と、裏話を暴露。続けて、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主演を務めている岡田がヒゲを剃り、耳を赤くしながら踊っていた姿が「微笑ましかった」と振り返った。そんな中、三宅が誰よりも微笑ましかったと語ったのは……

「あの長瀬智也がでっかい体をがんばって動かしながら踊る、Love so sweet。本番前に緊張してるあの人可愛かったなー(笑)人を愛しいと思うとはこういうことかと思いました」

と、長瀬の姿に心を揺さぶられていたようだ。

 そのほか、嵐が福島で行ったミニライブのVTRで “チラ見え”した松本のおなかが、以前より「ポッコリした」と検証が行われたり、シャッフルユニットでのTOKIO・国分太一のノリが「ふざけすぎ」と批判されるなど、ネット上でもさまざまな話題を振りまいた『音楽のちから』。舞台裏のリハーサルなどでは、ジャニーズタレントたちの間でどのようなやり取りが行われたのか? 出演メンバーがその詳細を明かしてくれる日を楽しみに待ちたい。

国分さんはほとんどビョーキ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー