セフレ宣言男のHにハマリそう!? “チャラ男”に翻弄されちゃうHな人気2作品

 「恋人にするなら、誠実で真面目な人がいいよね」と大半の女性は言います。確かに、それも本心。誰だってチャラチャラした男に弄ばれるのなんて嫌ですよね。なのにどうして、ほかに女の影があるだの、どう考えても遊んでるだのという、ちょっとアブない男に惹かれてしまうのか……。今回は、そんなアブない男に翻弄されたいという、女性の隙にまんまとつけ込む(?)TLコミックを2作ご紹介します。

■『カラダだけ、甘く痺れて。~オトナの恋のはじめ方~

karadadake.jpg

 通っているバーで、たまたまお互い1人だった一晃と意気投合し、酔った勢いでホテルに行ってしまった裕子。エッチが終わって早々「オレの事好きにならないでね」とセフレ宣言されてしまい、若干いらだちつつも大人の女として余裕で構えようとします。しかしエッチを重ねるたび、裕子は明日はどこの女といるかもわからない一晃のことがどんどん気になってしまいます。真面目な同僚の長江に告白され、デートしてみたりするものの、冷たい中にも優しさを垣間見せる一晃と関係を続けるうち、やっぱり本気になってしまって……。

 「いるよねーこういう男」と、「いるよねーこういう女」が主人公の、TLとは思えない身に沁みるストーリー。アラサー女性には耳が痛いような、現実世界でも非常によく聞く展開です。公園など屋外で度々展開されるエッチシーンはなかなかAV的でエロさ満載ですが、この作品のウリは何と言っても2人の関係のリアリティー。裕子の心情描写も切なくて、ぶっ飛んだ展開だけのTLにはおなかいっぱいの女性には、もってこいの作品です。

■『同居人が男なんて聞いてナイッ!

doukyonin.jpg

 大学進学とともに上京したチカは、もう何年も会ってなかったいとこの薫と同居することに。いざ薫のマンションに着いたチカは、知らない男女のエッチを目撃してしまいます。チカに気付いて帰ってしまったのは女の方。なんと、チカが女だと思っていたいとこの薫は「男」だったのです。チカに会えることを楽しみにしていたという薫は、チカに同じベッドで眠るように言い、優しく接してくれますが、たくさん女がいる薫は処女のチカにエッチなことをたくさん教えてきて……。

 出ました、夢のトンデモ設定。イケメンのいとこといきなり同居な上に、そのいとこは自分をベタベタに甘やかしてくれて、好きになってくれて……なんて楽しい妄想の世界。大勢の女にモテまくっている薫は、チャラ男ながらチカだけには優しいので、お姫様気分も十分に味わえちゃいます。こちらはTLらしく、イケメンにキュンキュンさせられたい女性向けです。

 現実に引っかかるのは不安な男だけど、マンガならそれもOK。そんな恋の醍醐味が味わえる『カラダだけ、甘く痺れて。~オトナの恋のはじめ方~』と『同居人が男なんて聞いてナイッ!』は、ただいまコミックシーモアで配信中。みなさんもそんな男の子たちにドキドキする、ちょっと危険な妄想を楽しんでみてはいかがでしょうか。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー