その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「露出した女性に助けられている」A.B.C-Z橋本良亮が思わぬ本音

jhasshimoto04.jpg
街中でマスクして、頭がデカくて顔の余白が多めのイケメンには注意だぞ!

<アイドル誌チェック!!>

 Kis-My-Ft2が表紙を飾っている「POTATO」8月号(学研パブリッシング)。新アルバム発売や4大ドームツアーなど大活躍で、進化し続ける彼らに仕事観や恋愛観を聞いています。まずは“人見知りの殻を壊したい”と語る玉森裕太。「昔から全然変わらず、ずーっと人見知り。フレンドリーじゃないから、相手に気を使わせちゃってるなーと感じると申し訳ない気持ちになるよ」とのこと。自分から話しかけるのは難しいようですが、主演ドラマ『信長のシェフ』(テレビ朝日系)では共演者と打ち解けているようなので、時間がかかるけれど信頼関係はきちんと築けるようです。

 横尾渉も自分のコンプレックスをぶち破りたい一人。「手汗をかくことでしょ、滑舌が悪い、よくかむ、あとは怒っているようにしか見えないとかね(笑)。その欠点を直すというか、ぶち壊せば、今より自分を好きになれるんじゃないかなぁ」。歌番組の生放送や舞台など、横尾の滑舌の悪さに手汗をかいているのはファンの方だと思いますが、ファンにとってはそこが横尾のチャームポイントでもあるので、コンプレックスを解消してほしいようなしてほしくないような、複雑な気持ちを持っている人も多いのでは?

 “身を焦がすほどの激しい恋愛にあこがれはある?”という質問に「ある」と答えたのは、藤ヶ谷太輔。「本来楽しいはずの恋愛が……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク