[ジャニーズツッコミ道場]

「ああ、ドリンクバー行きてぇ」V6・三宅健、肉体派アイドルとして新展開の可能性

kenchan.jpg
「ああ、マジで水飲みてぇっ」

 4人の芸能人が、ボルネオのジャングルや無人島、砂漠、極寒のアラスカという過酷な地で100時間のサバイバルに挑む特番『全世界極限サバイバル!ジャングル!無人島!灼熱砂漠!極寒地帯で100時間生き残れ!』(TBS系、7月1日放送)に、V6の三宅健が参加した。

 ほかの挑戦者は、“百獣の王”武井壮に、スポーツマン俳優・永井大、そしてEXILE・TETSUYAという顔ぶれ。なんとなく肉体派ぞろいの中に、三宅健。なんとなく弟ポジションイメージの三宅、どっちかというとTOKIO向きの企画のような気がするが、ジャニーズ代表で参加のようだ。「ジャニーズがほこる肉体派アイドル」「鍛え上げられた肉体は、ジャニーズ1との呼び声高い」と紹介されていたので、意外と大丈夫なのかもしれない。

 さて、三宅が向かった先は、エチオピア。砂漠地帯でのサバイバル担当だ。乾期の平均気温48℃、「死の大地」と呼ばれる、世界一暑い砂漠「ダナキル砂漠」。ここで5日間のサバイバルに挑む。各挑戦者に与えられる食糧は、ドライフルーツ1パック、高カロリークッキー2パック、そして水を1日分のみ。三宅には1リットルのペットボトル3本が支給された。砂漠サバイバル、最大の敵は、暑さと渇き。サバイバルのスタートにあたって、指導してくれた外国人エキスパートが警告する。

「砂漠で水が無くなると、待っているのは死だ!」

 ここでは『伊東家の食卓』(日本テレビ系)で得た裏ワザは、なんの役にも立たないのか。ジャニーズ的スキルも役立たないのか。まず、そんなのジャニーズで学ばないしな(TOKIO除く)。砂漠ではサソリが貴重な食糧になるという。ちょうど発見したサソリを捕まえ、「砂漠ではごちそうだぞ!」と、生のまま食べるよう促すコーチ。三宅、こわごわ口に入れるが、「オエッ!」とすぐ吐き出し、口をすすぎまくる。

「こんなもん食えるか!」

 そりゃそうだろうと思うが、「何やってんだ健! サソリはこうやって食うんだ。見てろ」と鬼コーチ、パクリ。「……オーマイガー」思わず英語でリアクションする、健。過酷だ。

 1人になったところで、サバイバルがスタートした。与えられた地図にある湖が貴重な水源になると判断、15キロの道のりを歩くことに決定。この日は30℃ほどで、この地方としては気温は低め、体力も十分で「タクシー通ってないかな?」「かき氷食べたいなあ」「今だったらね、日本一コカ・コーラのうまい飲み方できるかもしれない」など、軽口をたたく余裕もある。そう言いながらも、暑さに負け何度も水を口にし、開始6時間で早くも1本目の水がカラッポになってしまう。

「1回の食事でウーロン茶4杯飲む」

 という、謎アピールも飛び出した。日が暮れたところで野宿し、2日目。目指す湖が発見できたのだが……。「しょっぱ!」、湖は塩湖だった。サバイバルモノの定番、ようやくたどりついた先の水が飲めないパターンだ。しかし、ここはサバイバル知識の発揮どころでもある。汲んだ塩水を蒸留し、真水を得ることに挑戦だ。蒸留に成功した水を口にし、「おおーー! ……うめえ」と水のありがたみをひしひしと感じる。そして、サソリを発見。また「オエーー」ってなっちゃうのか。とりあえず捕獲し、「生は食えないでしょ」と、火であぶってからパクリ。がんばった。

「別にスコーピオンなんて、なーんにもおいしくない」

 と悪態をついてみせる。暑さ、渇き、空腹、疲労。さまざまな危機が三宅を襲う。さらに夜は、野生のジャッカルの遠吠えが「ワオォォ~~」と聞こえる。

「怖ぇ……」

 睡眠もろくにとれないのだ。今度は川を目指し、砂丘越えに挑む三宅。気温は40℃を越えている。砂丘を越えたところで貴重な水が終了。あと40時間以上残り時間がある。サバイバル能力を発揮し、植物の葉とヤシの木の幹を削ることで、水分を採取。そんな折飛び出した、三宅心からの叫びが、これ。

「ああ、ドリンクバー行きてぇ……」
「おかわり自由だよ」

 あえてのドリンクバーというチョイスが泣ける。もしかして「ウーロン茶4杯」というのも、ドリンクバーでだったりするのか。庶民派なのか、三宅。どうにか確保した水を口にしながら、最後はもう動かずに時間が来るのをただただ待つ。ひたすら耐える。持ち歌を口ずさんでみたり、メンバーのことを考えたりとか、ジャニーズ的要素をのぞかせる余裕は当然皆無。ただひたすら生き残るために耐え抜く男の姿がそこにあるだけだ。

 こうして100時間経過、ミッション終了。ほかの参加者たちも全員無事クリアだ。支給された水をガブ飲みし、「うめええ!」と歓喜の声をあげる三宅。今後、サバイバル系ジャニーズとして、新たな活躍が見せるのだろうか。だとしたら、V6版DASH島、またはTOKIOとV6が対決! のような番組が見てみたい。三宅の新展開が楽しみだ。
(太田サトル)

岡田に虐待で訴えられませんように……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  11. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  15. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに