覆面調査員が行く!

街頭での勧誘には要注意! 「超激安フェイシャルエステ」に付いて行ったらエラい目に遭った!!

tuiteittara.jpg
Photo by Takayuki Miki from flickr

お安い金額で、イイことしたい! 得したい!」という女の欲望を刺激する、「クーポン雑誌」「クーポンサイト」が巷に溢れまくっている現代――。しかしあまりの安さに、「こんなに安くて大丈夫?」「逆に損するなんてやーよ!」と、クーポンに半信半疑の人もいるはず。そんなあなたに向けて、女が特に気になる「美容・健康クーポン」を、世界で最も「安い!」に弱い大阪出身の女性ライターが、覆面調査員としてレポートしちゃいます!

 以前潜入したとあるお店で、こんな裏話を聞いた。「●ルー●ポンなどのクーポンサイトは、基本的に無料広告。ユーザーがクーポンを購入すれば、その一部が●ルー●ポン側に入るから」という。さらに、「クーポンサイトは、検索に引っかかりやすいから、公告効果は大きいし、まずお店に来てもらいたいと思っているお店にとっては、一石二鳥なんだよ」とのこと。つまり格安クーポンは、お客側だけではなく、お店側にもかなりメリットがあるんだと、妙に納得した。

 さて今回は、「顔脱毛」と「フェイシャルエステ」に潜入した。どちらも「何が何でも知名度を上げたい」という意欲が感じられる、衝撃の激安クーポンだったが、果たしてその結果は……?

■潜入その1
広告のギリギリ表現にはめられちゃった!?/新大久保A
【メニュー】顔脱毛 口周りを徹底ケア口周り集中脱毛コース
【クーポン価格】1,450円(92%OFF)

 この割引価格から考えて、なんかウラがあるのかも……と疑いながら訪れた新大久保。電話予約では、施術時間は1時間ほどと言われていたが、な、なんとカウンセリングを受けると「施術だけなら、口周りだけですから10分ぐらいで終わります」との一言に。初っ端から衝撃の事実が発覚。おいおい、洗脳という名の勧誘タイムが50分以上かいな……と愕然とする。

 そして、クーポンの説明には、確かに「このクーポン1枚で口周りを全てお手入れできちゃいます」といった文言が記されており、これを筆者は「1回で終了」という意味と受け取っていたが、そうは問屋が卸さないらしい。なんでも「お顔は、お体と違って体毛が密集している部分なんです。体だと65ぐらい毛穴がある場所に、お顔は10倍以上の800の毛穴がある」というのだ。過去に、ワキとVライン脱毛にトライ(あまりの痛さにリタイアしたが)した際、脱毛は一度では終わらないことを学んだのに……と意気消沈してしまった。

 さらに、カウンセリング担当は、「光脱毛で使う光は、シミのケアでも使われていて黒い部分に反応します。次回の施術で日焼けしていると、脱毛効果が弱くなってしまうので、日焼けは避けてください」と、すでにコースに加入したような物言いなのだ。

 ちなみに、施術後の注意事項はほかにもある。「肌を乾燥させないでください」「制汗スプレーは使用しようしないでください」「感染症などの防止のために、プールなどには入らないください」「肌を清潔に保ってください」「体を温めないようにお風呂、岩盤浴などはお避けください」などなど、まるで飼育が難しい珍獣でも飼うような注意事項を告げられる。まだ通うことも決まってないのに……。

「絶対買わねーぞ!」って顔に書いてあったんじゃない?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!