[ジャニーズ・メディアの裏側]

「Kis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔と堀北真希が熱愛」“ガセ情報”が既成事実化した舞台裏

fujigayataisuke01.jpg
ガセでホッとさせてからのスキャンダルは勘弁よ!

 現在、Kis−My−Ft2・藤ヶ谷太輔と堀北真希の熱愛話がネットを中心にファンの間でウワサになっている。一見、表立った接点すらない両者だが、「過去に女性週刊誌で、『六本木デート』をスクープされている」「藤ヶ谷にとって堀北は単なる“遊び”では」などと、情報が飛び交っているのだという。

 しかしこの情報の出処を探ると、すぐに特定のTwitterアカウントが発信した“ガセ情報”ということが判明した。「藤ヶ谷太輔(Kis−My−Ft2キスマイ) 堀北真希と六本木デート 週刊女性セブン 2014年4月3日号」というつぶやきが投稿されており、現在も拡散しているようだ。

「ほかのツイートを見ても、『木村拓哉(SMAP)1年間休業を発表 FRIDAY(フライデー) 2014年7月18日号』『嵐・大野智 浜崎あゆみと親密デート 週刊女性自身』など、実在の雑誌名を使いながらもウソばかり。ツイートに貼られたURLから、アフィリエイト目当ての悪質なアカウントであることがわかります。ちなみに4月3日号の『女性セブン』(小学館)には、ジャニーズからは相葉雅紀がグラビアページのPR記事に出ているものの、当然藤ヶ谷の記事は掲載されていない。こうしたアカウントはいくつか存在していますが、今回の藤ヶ谷に関しては、この一行情報を鵜呑みにしたニュースサイトが、独自の記事を配信してしまったんです」(芸能ライター)

 同記事は、大手ポータルサイトにも配信されており、8日現在は2ちゃんねるにスレッドが立つほどの事態に発展してしまっている。

「そのニュースサイトは大手出版社運営だけに、情報拡散に拍車が掛かってしまったようです。それにそもそも、2人のデートが週刊誌にスクープされていれば、もっと話題になっていてもおかしくないというものですが」(同)

 ちなみに堀北はこれまで、人気女優ながら徹底した“スキャンダル処女”を貫いている。

「撮影後に誰かと飲みに行ったという話もまったく聞かないし、移動ひとつとってもマネジャーと電車に乗るというほどの徹底ぶり。何らかのスキャンダルを撮ろうとマークする週刊誌はいくつもありましたが、どれだけ張り込んでも『何もなさすぎる!』と、各社とも取材を諦めていました」(週刊誌記者)

 双方のファンは安心していいところだが、ガセ情報に振り回された藤ヶ谷と堀北は少々かわいそうかも?
(須田恭也)

ウチの記者を騙るアカウントもあるらしいじゃん?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!