永遠の「元AKB48」へ

元AKB48・小野恵令奈、「AVデビュー説」「妊娠説」も浮上!? 芸能界引退も険しい今後

erepyoncd.jpg
『ERENA(初回限定盤A)』/ワーナーミュージック・ジャパン

 元AKB48のアイドル・小野恵令奈の芸能界引退を、所属事務所のレプロエンタテインメントが発表した。小野はオフィシャルブログで、「新たな夢や目標が出来て今回の様な決断をさせて頂きました。」と、今後は芸能界とは別の道を歩むと語っているが、ネット上では厳しい意見が飛び交っているようだ。

 小野は、2006年に「第二期AKB48追加メンバーオーディション」に合格して芸能界デビュー。その後、09年にAKB48が発表した「涙サプライズ!」のカップリングにソロ曲が収録されるなど、人気メンバーに成長した。しかし、その翌年、AKB48を卒業。大ブレークのまっただ中にグループを辞めたことは、当時ファンに衝撃を与えた。

「卒業してからは、日本国外へ留学し、女優の勉強をするといわれていましたが、留学中であるはずの期間に、きゃりーぱみゅぱみゅが小野との2ショットプリクラをブログにアップしてしまい大炎上。もともと小野は夜遊びが激しく、運営側も頭を抱えていたそうで、この留学は“謹慎”だったといわれています。復帰後も、ファンとハグをする『ハグ会』を催し、『まるで風俗』と叩かれたり、ライブでノリの悪い客に半ギレしている動画が話題になったり、たまにドラマに出演すると『劣化』といわれるなど、すっかり“落ちぶれアイドル”と化していたようです」(芸能ライター)

 そんなお騒がせな小野の芸能界引退には、ネットユーザーからも「引退して正解」といった声が上がっている。ほかにも、AKB48卒業後のふるまいがあまりに未熟だったためか、「ピンになるのが早すぎた」「思いのほか芸能活動がうまくいかなくて、びっくりしたんじゃない?」といった辛辣な声も聞かれるようだ。

「オフィシャルブログで、新たな目標ができた時は『あらためて皆様にお伝えすることができるかもしれません』と綴っていることから、『ひょっこり芸能界復帰しそう』という人もいます。しかし、レプロは業界でも『タレントをしっかり守ってくれる』事務所として有名なので、そこを辞めるというのは、小野にかなりの覚悟があってのことでは。もし小野が今後、復帰したいと思っても、『バーニング系列のレプロを辞めた』という経歴から、ほかの事務所がビビって手を出せないでしょうね」(同)

 ネット上では、「AVデビュー説」や「結婚・妊娠説」などがあふれているが、業界内では「本格的に女優業をしたかったのでは?」という説も浮上しているという。

「小野はよく周りに『女優をやりたい』と言っていたそうです。昨年、深夜ドラマ『タンクトップファイター』(日本テレビ系)で主演を務めるなど、女優業をやってはいたのですが、同時に『レプロにいても、深夜ドラマの主演が限界』と思ってしまったのかもしれませんね」(同)

 果たして、今後小野はどんな道を歩むことになるのだろうか? 

この子、仲村みうと同じニオイがするのよね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー