永遠の「元AKB48」へ

元AKB48・小野恵令奈、「AVデビュー説」「妊娠説」も浮上!? 芸能界引退も険しい今後

erepyoncd.jpg
『ERENA(初回限定盤A)』/ワーナーミュージック・ジャパン

 元AKB48のアイドル・小野恵令奈の芸能界引退を、所属事務所のレプロエンタテインメントが発表した。小野はオフィシャルブログで、「新たな夢や目標が出来て今回の様な決断をさせて頂きました。」と、今後は芸能界とは別の道を歩むと語っているが、ネット上では厳しい意見が飛び交っているようだ。

 小野は、2006年に「第二期AKB48追加メンバーオーディション」に合格して芸能界デビュー。その後、09年にAKB48が発表した「涙サプライズ!」のカップリングにソロ曲が収録されるなど、人気メンバーに成長した。しかし、その翌年、AKB48を卒業。大ブレークのまっただ中にグループを辞めたことは、当時ファンに衝撃を与えた。

「卒業してからは、日本国外へ留学し、女優の勉強をするといわれていましたが、留学中であるはずの期間に、きゃりーぱみゅぱみゅが小野との2ショットプリクラをブログにアップしてしまい大炎上。もともと小野は夜遊びが激しく、運営側も頭を抱えていたそうで、この留学は“謹慎”だったといわれています。復帰後も、ファンとハグをする『ハグ会』を催し、『まるで風俗』と叩かれたり、ライブでノリの悪い客に半ギレしている動画が話題になったり、たまにドラマに出演すると『劣化』といわれるなど、すっかり“落ちぶれアイドル”と化していたようです」(芸能ライター)

 そんなお騒がせな小野の芸能界引退には、ネットユーザーからも「引退して正解」といった声が上がっている。ほかにも、AKB48卒業後のふるまいがあまりに未熟だったためか、「ピンになるのが早すぎた」「思いのほか芸能活動がうまくいかなくて、びっくりしたんじゃない?」といった辛辣な声も聞かれるようだ。

「オフィシャルブログで、新たな目標ができた時は『あらためて皆様にお伝えすることができるかもしれません』と綴っていることから、『ひょっこり芸能界復帰しそう』という人もいます。しかし、レプロは業界でも『タレントをしっかり守ってくれる』事務所として有名なので、そこを辞めるというのは、小野にかなりの覚悟があってのことでは。もし小野が今後、復帰したいと思っても、『バーニング系列のレプロを辞めた』という経歴から、ほかの事務所がビビって手を出せないでしょうね」(同)

 ネット上では、「AVデビュー説」や「結婚・妊娠説」などがあふれているが、業界内では「本格的に女優業をしたかったのでは?」という説も浮上しているという。

「小野はよく周りに『女優をやりたい』と言っていたそうです。昨年、深夜ドラマ『タンクトップファイター』(日本テレビ系)で主演を務めるなど、女優業をやってはいたのですが、同時に『レプロにいても、深夜ドラマの主演が限界』と思ってしまったのかもしれませんね」(同)

 果たして、今後小野はどんな道を歩むことになるのだろうか? 

この子、仲村みうと同じニオイがするのよね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク