[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

SMAPは「ベストフレンド」! 脱退18年、森且行がトークショーで語った“大切な存在”

smaplive.jpg
その言葉を聞いた中居くんが1人酒で号泣、までで1セット

 元SMAPメンバーで、現在はオートレサーとして活動している森且行。小さい頃から夢見ていたオートレースの世界に入るため、人気絶頂の1996年5月にグループを脱退。40歳になった現在も現役で活躍を続けている森だが、6月26日には静岡県・浜名湖ボートレース場内で開催されたトークショーに登場。当日はSMAPの話も飛び出し、駆けつけたファンは大喜びだったという。

 グループを去った後、しばらく森の存在は“タブー”となり、音楽番組で過去の映像が流れる際にも森の部分はうまく編集され、存在が消されていたが、近年ではSMAPメンバーがテレビ等で森の名前を口にすることも多くなってきた。森もオートレースのキャンペーン用ポスターに起用されたほか、昨年はスポーツウエアブランド「Kappa」のブランドアンバサダーに就任するなど表舞台への登場も増えてきている。また、森が『We are SMAP! 2010』コンサートの東京ドーム公演の見学に訪れたことも、SMAPファンにうれしい衝撃を与えた。

 そして6月11日には、地元の川口オートレース場で行われたG2川口記念で優勝したことが大きなニュースとなった森。26日に行われたトークショーでは、登場時には大きな拍手とともに「森く~ん」と、黄色い声援も飛んでいたという。

「トークショーでは司会者の方が、お客さんの意図を汲み取ってSMAP時代の話に持って行ってくれて、森君も固有名詞は控えつつも、可能な限りで答えてくれていたとか。実際に参加した方のレポを読むと、例えば、料理の話から『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の話題に移り、今でも番組を見ているかを聞かれて『見てますよ』『ベストフレンドなんで』と、返したそうです。『BEST FRIEND』といえば、1992年にSMAPがリリースしたシングルのカップリング曲で、メンバーやファンにとっても大事な場面で歌われる、思い入れのある歌。曲名にかけて、今でもメンバーが“大切な存在”だとアピールしてくれたようで、感動しちゃいました」(SMAPファンの女性)

 昨年公開された「Kappa」のプロモーションムービーで森は、日本選手権での優勝が目標だと力強く宣言。「昔の仲間と別れる時に『お互い日本一になろう』って言って出てきたんで、その夢だけはあきらめたくないですね」と語り、ファンの涙を誘った。

 一方、草なぎ剛は6月24日発売の「月刊ザテレビジョン」8月号(角川マガジンズ)の連載「草なぎ剛のお気楽大好き!」で、SMAPメンバーとの関係性を語る上で「どこにいてもSMAPだし、いまだに森(且行)くんだってSMAPだし。もうSMAPという逃れられない運命なので」と、現在でも森はSMAPの一員だと考えていることを明かしている。グループを離れた森や残ったメンバーは、お互いに今でも大事なメンバーであり、“BEST FRIEND”として気持ちがつながっているのだろう。

 先のトークショーで、日本一になるまではメンバーとのコラボレーションは「考えられない」とコメントしていたという森。いつの日か夢の共演が実現するよう、今後もSMAP&森の活躍に期待したいものだ。

サラッと言えちゃうつよぽんに涙腺が……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク