[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐・二宮ドラマが大コケでジュリー氏激怒!? 「今後は各局とも飯島派寄りに」のウワサ

ninomiyaoooku.jpg
そんな難しい顔しないで~

 平均視聴率が9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)に終わった、嵐・二宮和也主演の『弱くて勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)。ファンも待ちに待った3年半ぶりの二宮ドラマ主演作とあり、放送前から期待は大きかったものの、初回13.4%を獲得後は低空飛行に。「キャストが『あまちゃん』ばかりで既視感」「ストーリーの展開が遅い」「二宮が先生役に見えない」などネット上では“戦犯”探しが行われていたが、嵐の育ての親・藤島ジュリー景子氏も、低視聴率を看過できなかったようだ。
 
 平均視聴率17.1%を記録した主演ドラマ『フリーター、家を買う。』(フジテレビ)以来の連続ドラマ主演となった二宮。ジャニーズきっての演技派と謳われることから、お茶の間からの関心も高かった同作だが……

「主演が嵐の二宮、共演者に有村架純に福士蒼汰、プロデューサーも河野英裕と出演者もキャストも布陣が立派すぎて、業界内では誰も『つまんない』『いまいち』なんてツッコめなかった。ネットでは酷評されてるのに、業界では誰も叩かないという不健全な状態でしたね。2時間ドラマだったらいい作品になったのにね、なんて今になってから聞こえてきます」(テレビ雑誌編集者)

 嵐がブレイクした2007年以降に主演した連続ドラマでは、平均視聴率13%を下回ることがなかった二宮。今作の9.8%という数字は汚点ともいえるだろう。

「『弱くても勝てます』の惨敗で、ジュリーさんがドラマ制作関係者にきつく当たったとかで、関係者がゲンナリしていますよ。ジュリーさんにしてみたら、かわいい嵐が“傷物”にされたという気持ちでしょうから、それは相当ご立腹だったのでは。どれだけ厳しく言われたのかわかりませんが、その話を聞いたフジテレビのドラマ制作関係者までも『嵐を起用したドラマはウチでは当分やらないかもな』なんてこぼしているとか。他局からも、これからはSMAP&キスマイを持つ飯島(三智)寄りでいこうという声が聞こえてきますよ」(同)

 低視聴率が管轄の陣地争いにまで影響を及ぼしている様子の『弱くても勝てます』。7月スタートの新ドラマでは、『金田一少年の事件簿N』(日本テレビ系)『水球ヤンキース』(フジテレビ系)が、ジュリー管轄のジャニーズ主演作になるが、果たして数字の行方は……。

大人の事情ってイヤんなっちゃうわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに