意外性はあんまりナシ?

人気ギャグマンガ『東京都北区赤羽』が実写映画化!? 主演は山田孝之のうわさ

akabane.jpg
『ウヒョッ!東京都北区赤羽(1)』(双葉社)

 東京・赤羽を舞台にしたマンガ『東京都北区赤羽』(Bbmfマガジン)が、実写映画化されるという。作者である清野とおる氏が、実際に在住しているという同地の“奇妙な住人”をテーマにしたノンフィクション作品だが、主人公・清野氏役を主演で務めるのは、山田孝之だという。

 『東京都北区赤羽』は、2008年にBbmfマガジン社の「ケータイまんが王国」で連載スタート。12年には同社の事業撤退により連載を終了したが、昨年4月から「漫画アクション」(双葉社)で、『ウヒョッ!東京都北区赤羽』として連載再開。近頃では同作のヒットを受け、清野氏自身がテレビ出演する機会も増えているが、実写化は昨年からずっとささやかれていたという。

「国内有数の大手映画社による配給で、近々クランクイン予定です。主演は当初から山田で企画されており、実際にオファーを受けた山田も『面白い』と、すぐさまOKを出したとか」(制作会社関係者)

 山田といえば、今年だけでも『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』『MONSTERZ モンスターズ』『闇金ウシジマくん Part2』と話題作に出演する売れっ子だ。『ウシジマ』で“ヤミ金会社社長”を演じたと思ったら、『勇者ヨシヒコと魔王の城』(テレビ東京系)では“勇者”を演じるなど、「役の幅の広い俳優」として評判が高い。

「山田は、使いドコロが多く、現場からも愛されているため、常にオファーが絶えない役者の1人です。事務所が戦略的にオファーを受けるか受けないかを決める役者も多い中、彼の場合は、完全に自分で出演作品を決めています。大作映画や大河ドラマといった名声も気にせず、単純に『面白い』と思ったものにだけ出演するスタンスのようで、今回のオファーもその際たるものでしょう」(芸能プロ関係者)

 こうして「ギャグマンガ家」という、新たな役柄に挑戦することとなった山田。クランクアップや公開時期は現在未定というが、まずは情報解禁とともに報道されるであろう、清野氏に扮した山田の姿を心待ちにしたいと思う。

でもデビュー当時の美少年路線はないのよね?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー