[サイジョの本棚]

自分だけの幸せを追求し、趣味を武器に“リア充”へ。人生のサバイバル術を教えてくれる本

――本屋にあまたと並ぶ新刊の中から、サイゾーウーマン(サイ女)読者の本棚に入れたい書籍・コミックを紹介します!

【文庫本】
『美女のたしなみ』(大久保佳代子、徳間書店)

bijonotashinami.jpg

 アラフォーの性欲や本音を笑いにまぶして語ることができる人気女芸人・大久保佳代子(オアシズ)。『美女のたしなみ』は、彼女が「OL兼お笑い芸人」だった時期に、主に書かれたエッセイだ。

 「大久保&光浦靖子&黒沢かずこ(森三中)で逆ナンに挑戦→撃沈」「合コンのはずが、いつの間にか途中から知らないおじさんとカラオケ」「本当はOL仕事なのに、芸能仕事と嘘をついて後悔する」など、大久保氏にしか語れない“OL兼芸能人”ならではの日常や恋愛が、悲しくも笑えるエピソードとしてつづられていく。

 OLとお笑い芸人の“二足のわらじ”状態だった当時を、大久保自身は「受け身で流されて」きた結果で、「常にどちらかに逃げ道があった、楽な状態」だったと振り返る。しかしそれは、自分にストレスのない環境を見極めて、自分で選んだ結果でもある。多少の謙遜はあったとしても自虐も自慢もない、すっきりとした読後感は、確かに、ちょっと“美女”っぽいのだ。

【単行本】
『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』(町山智浩、マガジンハウス)

mettyasugoi.jpg

 タイトルと表紙を見て「めっちゃスゴい女性」=仕事・私生活・外見すべてが完璧な女性を連想し、「間に合ってます……」と後ずさりする人は、ちょっと待ってほしい。『アメリカのめっちゃすごい女性たち』は、『美女のたしなみ』を楽しめる人にこそ読んでほしい、“いろんな意味でめっちゃスゴい”アメリカの現代女性55人の半生を簡潔に紹介した評伝集だ。

 取り上げられている女性の中には、オプラ・ウィンフリーのように貧困から這い上がりアメリカンドリームを実現した著名人や、ゼロックス、ペプシといった有名企業を立て直した女性CEOたちのような、わかりやすい“スター”もいる。その一方で、全身を“お直し”し続ける81歳のコメディエンヌや、実子に常に厳しく当たり、スパルタ的な教育法を提唱する母親など、賛否分かれる女性たちの半生も美化せず、その失敗や破綻ごと取り上げている。

 55人の女性全員が、誰からも賞賛される、聖人のような生き方ではない。けれども誰もが、お仕着せではない「本当に自分が幸せと思えること」を堂々と追求しているという一点で共通していて、どの生き方も爽快だ。時にいびつにも見える彼女たちの生き方は、ついつい誰からもけなされない、最大公約数的な幸せを求めがちな私たちの視野を開かせ、楽にしてくれる。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに