不倫SNSへのアクセス遮断、しかし実態は? 姦通罪のある韓国・タイの不倫事情

【messyより】

kankoku0610cw.jpg
不倫SNS登録者数がぶっちぎりに多い国は…日本です。

 日本でも話題になった不倫SNSサイト「アシュレイ・マディソン」。その韓国版に対して、韓国当局がアクセスを遮断したのは、今年4月のことだった。AFP通信によると、韓国放送通信審議委員会は、

「健全な性道徳と婚姻の絆、家庭生活を保護することを目指した関連法の精神を鑑み、不倫をあおり立てる同サイトへのアクセスを遮断することを決めた」

と声明を発表したそうだ。韓国には姦通罪があり、最高で2年の懲役刑が科される。現行法との摩擦や、社会的な道徳的な立場から、国が直接介入した形だ。

 遮断されて現在ではアクセスできないものの、「アシュレイ・マディソン」は韓国公開初週で5万人の登録者を集めたそうだ。社会的にはタブーとなっているものの、“不倫”に興味津津な人々が実は多いという証拠でもある。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク