[ジャニーズツッコミ道場]

『テレ東音楽祭』のTOKIO&V6に詰まっていた、『カウコン』の“お祭り”感

nagasetomoya10.jpg
平家派の冠番組やるべきだな

 今回ツッコませていただくのは、6月26日に放送された『テレ東音楽祭(初)』(テレビ東京系)。

 2年間芸能活動を休止していた後藤真希が復活し、話題になったが、ジャニーズファンにとってもこれは見逃せない番組だった。ジャニーズの出演者は、TOKIO、V6、関ジャニ∞、NEWSの4組のみ。SMAPも嵐も出ないため、やや地味な印象もありそうだが、実際に見てみると、意外なほどに楽しさが存分に詰まった番組だった。

 特にそれを強く感じたのは、スタジオに来ている2組、TOKIOとV6の組み合わせから生まれる賑やかさ、“お祭り”感のせいだ。驚いたのだが、TOKIOのグループとしてのテレ東出演は、1994年以来、約20年ぶりらしい。TOKIO・国分太一とV6・イノッチ(井ノ原快彦)が、裏かぶりの朝番組『あさイチ』(NHK)と『いっぷく!』(TBS系)司会者同士として握手していたのも「名場面」だったし、約25年前、まだジュニア時代の国分さんの「初仕事」の映像も放出。「商品持ち」をやっていて、最初は不安そうなカタい顔だったのに、4カ月後に初めて笑顔がこぼれるという超貴重な「変化」が見られた。

 国分さんといえば、生まれた時から「おぎゃあ(ドヤ顔→チラっ、ウケてるウケてる 笑)」くらいに完成されてたんじゃないかというイメージがあったが、ウザくない時代がちゃんとあったのは、なんだか初々しくて感慨深い。

 さらに、NEWSはなぜか屋形船の宴会風景(?)に乱入する設定で歌わされた挙げ句、わざわざ移動して天井の低い妙な場所で歌っていると思ったら、「テレ東スタジオ駐車場」だったというのも、意味不明で斬新で、テレ東クオリティだった。そして、舌を巻いたのは、全員おじさんになったV6のパフォーマンスのカッコよさ。

 実はグループとしては2014年初集合だったらしいが、ダンスのキレはさすがだし、坂本昌行・イノッチを中心とした歌唱力、時にはねっとりした濃厚な表現力は、若い頃には見られなかった、今のV6ならではの魅力だと思う。かつてV6が大ブレイクした当時は、圧倒的に弟組の「カミセン」人気で支えられていたのに、今は兄組「トニセン」の方が輝いているというのも、グループとしての幅の広さ・厚みを感じてしまう。

 気を抜いてなんとなく見始めたのに、気づいたらすっかり楽しくなっていて、なぜだか蕎麦を食べたくなっている不思議。なぜだろうと思ったが、そうだ、これって、毎年恒例の『ジャニーズカウントダウンライブ』の雰囲気なのだ。

 残念ながら、13~14年はTOKIOもV6も参加しなかったが、こうして見ると、あらためて感じてしまうのは、「結局、TOKIOとV6の2組に『楽しかったカウコン(ジャニーズカウントダウンライブ)』の全てが詰まっている」ということだ。なんなら今年はテレ東で、別会場で、このメンバーを中心にカウコンやりません?
(田幸和歌子)

博だって歌上手だもんね!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー