聞かれてないから言ってないだけ?

「韓国で密かに稼ぐ女性タレントたち」SHIHOと八木アリサ、バラエティ番組に積極出演

shiho_insta.jpg
インスタグラムより

 昨年末からジワジワと人気に火が付き、現在は、韓国でトップ子役スターとして活躍しているチュ・サランをご存じだろうか。

 実は、この子の父親は日本で『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の「男気じゃんけん」に度々登場する、格闘技選手の秋山成勲だ。過去、格闘技選手の桜庭和志との一戦でオイルを塗りたくる違反行為を犯し、ある意味、歴史に残る名勝負を刻んだこの男。現在は韓国を中心にタレント活動をしている。

 そして、母親は日本でトップモデルとして活躍するSHIHOだ。現在、日本のファッション雑誌「オトナミューズ」(宝島社)で梨花や岩堀せりなどとともに、専属モデルとして活躍する傍ら、韓国では娘・サラン、夫・秋山と、バラエティ番組に出まくっているのだ。

「KBSのバラエティ『ハッピーサンデー―スーパーマンが帰ってきた』という番組があるのですが、そこにサラン、秋山とともに、出演しているんです。SHIHOは最近、日本ではほとんどというか、まったくテレビ番組に出ない。しかし、愛する子どものためなのか、韓国の番組ではハングル語で出演しているんです。また、先日のセウォル号沈没事故の被害者へおよそ500万円寄付したと、現地のニュースサイトが報じています」(芸能事務所関係者)

 SHIHOのインスタグラムにも、娘・サランの写真がアップされているが、コメント欄はハングルで賑わっている。

 一方、日本ではイマイチ知名度が低いが、八木アリサをご存じだろうか。日本でモデルとして活躍しているが、現在、韓国のシチュエーションバラエティ番組『私たち結婚しました―世界版シーズン2』(MBC)で日本でも人気のアイドルグループ・SHINeeのキーと仮想夫婦になって登場している。

「彼女はアミューズ所属なんです。アミューズといえば、韓国に強い。一時期、チャン・ドンゴン、チャン・グンソクと契約していたこともありましたね。韓国映画やミュージカル作品の買い付けなど、熱心に輸入をしていましたが、輸出方面にも力を入れている。アミューズ・コリアは10年以上前から現地法人として設立されていたはずで、昨年末には韓国の芸能事務所を買収しました。それほど、韓国の芸能界に力を入れているんです。確か吉高由里子も韓国のドラマに出演していましたね。その経緯で、日本ではあまり人気がなく、時間的拘束も比較的とれる八木アリサを、韓国のレギュラー番組にねじ込んだのではないでしょうか」(同)

 しかし、2人とも、韓国で活躍していることは日本ではまったく匂わせない。やはり、嫌韓を意識しているのだろうか。
(薬師寺都)

アミューズったらスリリングな動き見せてくれるわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  15. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー