[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「関ジャニ∞の映画なのに!」前田敦子がメインの試写会報道に、ジャニーズファン激怒!

20140626kanjyani.jpg
映画『エイトレンジャー2』公式サイトより

 6月25日、関ジャニ∞の主演映画『エイトレンジャー2』の完成披露試写会が行われ、関ジャニ∞メンバーをはじめ、今作でヒロインを務めた元AKB48・前田敦子らが出席した。前田といえば、交際中とされている歌舞伎俳優・尾上松也が、6月19日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、浮気現場をキャッチされたばかり。メディアの注目は前田に集中することになってしまった。

 報道後、初の公の場となった前田。試写会では尾上の浮気について言及することはなく、無言のまま舞台挨拶は終了した。しかし、試写会のニュースを伝えたスポーツ紙や情報番組が、関ジャニ∞メインではなく、前田の発言や様子をレポート。今回は関ジャニ∞が主役の映画だけに、不快な思いをした関ジャニ∞ファンも少なくなかったようだ。

「Twitterなどの書き込みを見ると、『関ジャニ∞の映画なのに、前田敦子がメインになってる』と嘆く声が多く上がっています。ほかにも、『主役エイトでしょ』『なんで見出しがエイトよりも前田敦子なの?』といった不満も聞こえます。番組によっては、関ジャニ∞を大々的に取り上げるところもあったようですが、関ジャニ∞のファンにとっては、前田の熱愛に関するネタよりも、もっと試写会でのメンバーのトークや映画の話が知りたかった、というところでしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 そもそも前田に関しては、同作への出演が決定した際にも、ジャニーズファンから「もっとほかにいなかったのか」「見に行きたくなくなった」などと、批判的なコメントがネット上に上がっていた。

「SMAPを手がけるチーフマネジャー・飯島三智氏の派閥に比べて、藤島ジュリー景子副社長の“ジュリー派”は、これまでAKB48とガッツリ共演する機会は少ないという印象です。グループ全員の映画のヒロインが元AKB48メンバーということも、珍しいキャスティングでしょう。もともとジャニーズファンは、ジャニーズと女性アイドルが絡むことに好意的ではない人が多いですし、今回の件で前田は余計に恨みを買ってしまったかもしれませんね」(同)

 映画第2弾公開を喜ぶ関ジャニ∞ファンにとっては、公開前からミソがついてしまった形に。7月26日公開の映画『エイトレンジャー2』が晴れてヒットとなれば良いのだが――。

巡り巡って、尾上松也への怒りが爆発するファンも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  3. 「あの女性犯罪者」、塀の中の素顔
  4. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  5. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に
  6. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  7. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  8. 「レプロは偉い」と担ぐ芸能ムラの人々
  9. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  10. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  11. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  12. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  13. 清水富美加、不倫報道はレプロリーク!?
  14. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  15. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  16. Jr.森田、妊娠中絶・飲酒報道
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  19. 男性保育士問題へのリアルな本音
  20. 『カルテット』衝撃ラストに視聴者あ然

ジャニーズの人気記事

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  3. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  4. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  5. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  2. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  3. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  4. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  2. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  3. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  4. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと