[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「関ジャニ∞の映画なのに!」前田敦子がメインの試写会報道に、ジャニーズファン激怒!

20140626kanjyani.jpg
映画『エイトレンジャー2』公式サイトより

 6月25日、関ジャニ∞の主演映画『エイトレンジャー2』の完成披露試写会が行われ、関ジャニ∞メンバーをはじめ、今作でヒロインを務めた元AKB48・前田敦子らが出席した。前田といえば、交際中とされている歌舞伎俳優・尾上松也が、6月19日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、浮気現場をキャッチされたばかり。メディアの注目は前田に集中することになってしまった。

 報道後、初の公の場となった前田。試写会では尾上の浮気について言及することはなく、無言のまま舞台挨拶は終了した。しかし、試写会のニュースを伝えたスポーツ紙や情報番組が、関ジャニ∞メインではなく、前田の発言や様子をレポート。今回は関ジャニ∞が主役の映画だけに、不快な思いをした関ジャニ∞ファンも少なくなかったようだ。

「Twitterなどの書き込みを見ると、『関ジャニ∞の映画なのに、前田敦子がメインになってる』と嘆く声が多く上がっています。ほかにも、『主役エイトでしょ』『なんで見出しがエイトよりも前田敦子なの?』といった不満も聞こえます。番組によっては、関ジャニ∞を大々的に取り上げるところもあったようですが、関ジャニ∞のファンにとっては、前田の熱愛に関するネタよりも、もっと試写会でのメンバーのトークや映画の話が知りたかった、というところでしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 そもそも前田に関しては、同作への出演が決定した際にも、ジャニーズファンから「もっとほかにいなかったのか」「見に行きたくなくなった」などと、批判的なコメントがネット上に上がっていた。

「SMAPを手がけるチーフマネジャー・飯島三智氏の派閥に比べて、藤島ジュリー景子副社長の“ジュリー派”は、これまでAKB48とガッツリ共演する機会は少ないという印象です。グループ全員の映画のヒロインが元AKB48メンバーということも、珍しいキャスティングでしょう。もともとジャニーズファンは、ジャニーズと女性アイドルが絡むことに好意的ではない人が多いですし、今回の件で前田は余計に恨みを買ってしまったかもしれませんね」(同)

 映画第2弾公開を喜ぶ関ジャニ∞ファンにとっては、公開前からミソがついてしまった形に。7月26日公開の映画『エイトレンジャー2』が晴れてヒットとなれば良いのだが――。

巡り巡って、尾上松也への怒りが爆発するファンも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー