グッバイ、アノ頃の狂騒

「それでも日本はおいしい市場」マルハン撤退、相次ぐ閉店……新大久保と韓流終焉の今

sinookubo.jpg
『韓流イケメンに毎日会える!新大久保ガイド 』(セブン&アイ出版)

「完全に韓流ブームは終わってしまいましたね。現在でも、東方神起やBIGBANGなどはドームツアーでもチケットが売り切れになるほどの人気がありますが、それ以外は散々ですよ。紅白出演を果たしたKARAもスーパーマーケットの運動会で営業したり、少女時代のコンサートチケットがオークションで500円で落札されたとの話もあります」(韓流芸能事務所関係者)

 確かに、東京新大久保・コリアンタウンを歩くと、一時期のブームはなんだったのかとか思わされるほど、町並みは閑散としていた。駅前にある元祖韓流ショップの「韓流百貨店」が今年5月に倒産し、韓流ショップやコスメショップなども軒並み閉店や改装に入っていた。

「韓流ブームによって韓流ショップが増えましたが、新しいお客さんを獲得することができないまま、店の数だけが飽和状態になり、次から次へと潰れてしまったのです」(新大久保韓流ショップ店員)

 ほかにも、六本木にあるアミューズが経営していた韓流ミュージカル専用劇場「アミューズ・ミュージカルシアター」も3月に閉館し、大手パチンコ店経営のマルハンが今秋に大阪で開業を目指していた韓流エンターテインメント施設も、建設途中で頓挫した。

 また、現在、地上波で韓流ドラマを放送しているのはテレビ東京のみ。これには、ドラマ価格の高騰化と、放送局が買い付けたドラマの在庫処理が終了したことが原因だといわれている。

「韓流ブーム当初は、1話200万円だったドラマ価格が、2012年には最高1話4,000万まで吊り上がったという話を聞きました。高額だと放送局側も買い付けを渋りますし、なにせ、現在は嫌韓ブームのさなかですからね。大韓流ブームの時に買い占めたドラマの放送が終わったというのが、地上波ドラマ激減の理由です」(テレビ局関係者)

 そして、やはりというべきか、韓流ブーム終焉の最大の理由とされるのが、韓流スターそのものにあるようだ。

「韓流スターは、日本でイベントをする時の要求が多すぎる。イベント内容そのものに対してなら、まだ我慢できますが、迎えに来る車はベンツだとか車種を指定してきます。それに、イベント終了後の“夜のお遊び店”も用意させられますからね。イベント出演料も相当な額を払わないといけないので、一番大事な舞台などにお金を掛けられず、結果、舞台が貧相になっちゃうこともあるんですから。でも一番辟易するのは、本人ではなく、本人の親が口を出してくるパターンです」(韓流イベント関係者)

 各方面で韓流の終焉が決定づけられている中、しかし、彼らはいまだに日本への思いを捨てきれないのか、日本でイベントをしているグループもある。

「なんだかんだで、日本は韓流アーティストにとっておいしい市場であることは間違いありません。これだけ小さくなってしまった市場でも、そこを求めてまだデビューするグループがあるくらいなんですから」(同)

 藁にもすがる思いでデビューする韓流スターたちの思いは届くのか。
(薬師寺都)

サムギョプサルとチャミスルだけは残していって!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー