その他

20億稼ぐ荒川、安藤、織田も… バブル状態のフィギュアスケーター、なぜ儲かる?

【不思議サイトトカナより】

51XYGCBHPAL.png
Torino 2006 Olympic Winter Games Stars of Ice Skating 国際オリンピック委員会オフィシャルDVD トリノ2006オリンピック冬季競技大会 フィギュアスケート』(ジェネオン エンタテインメント)

 浅田真央、羽生結弦、荒川静香、高橋大輔、安藤美姫、織田信成…。6月3日に発売された『女性自身』(光文社)の記事によると、競技の注目度と比例するように、日本を代表するトップフィギュアスケーターの収入がバブル状態のようだ。

 記事によると、荒川はトリノオリンピックで金メダルを獲得して以降、8年間で約20億円は稼いだ可能性があるという。そんな荒川に負けない稼ぎがあるのが安藤で、同記事では最低でも年収6,000万円はあるとしている。この裏には安藤のバラエティー番組進出があるが、これは日本テレビの敏腕テレビプロデューサーによる後押しがあったためという。

続きは【トカナ】で読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク