石川敏男の芸能デスクレポート

May J.、お泊まりスクープは“ヤラセ”? 「写真映りよすぎ」の真相とは?

2014mayj.jpg
『Heartful Song Covers』/rhythm zone

 「売れると私生活を暴かれてしまう」のが、芸能界の常識。抜群の歌唱力と大ヒット映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go~ありのままで~」を歌ったことで大ブレーク中の歌手May J.(26)も芸能マスコミに狙われるようになった。そして、早速「フライデー」(光文社)に恋人との2ショットをスクープされてしまったのだ。

 May J.はワイルドな風貌の男性と連れ立ち、お弁当のチェーン店「オリジン」で惣菜を購入。相合いでスポーツジムに向かい、ひと汗流した後、指を絡めてMay J.のマンションに向かったという。その男性は俳優・尚玄(36)。沖縄県出身で、身長183センチのガッチリとした体形を生かし、ニューヨーク、パリでモデルを経験したことも。また、趣味で武術やバスケットボールをたしなむ肉体派の一面も。昨年の夏までは、タレント・山本梓(33)との熱愛もささやかれていたモテ男だ。

 一方でMay J.は、日本人の父とイラン人の母を持つ。英語、スペイン語、トルコ語、ロシア語、日本語と5カ国語を話す母の影響で、アメリカンスクールに通い、英語も堪能だ。2012年、『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)のカラオケ得点対決で、圧倒的な歌唱力を披露し、26連勝という快挙を成し遂げ、一躍有名歌手の仲間入りをした。

 スポーツ紙記者は「この2人の出会いは、今年2月頃。共通の知人の紹介で出会い、すぐに意気投合して交際が始まったそうです。『語学』という趣味も合ったとか。所属事務所も、交際について『プライベートは本人に任せています』と答えていますから、交際の報告はあったのでしょう。May J.の肩にのしかかる、カラオケ得点対決のプレッシャーを、尚玄が癒やしていたようですよ」と語る。

 しかし、今回の「フライデー」の2ショット写真が「小雨の中なのにきれいに撮れすぎている」と、巷では“ヤラセ”疑惑が持ち上がっているらしい。その理由として、「カバー曲以外は売れてないMay J.が、話題作りのために」「俳優業に力を入れたい尚玄が売名したかったから」といった声が上がっているようだが、私はヤラセではないと思う。May J.にとって、メリットがまったくないからだ。

 現在、年末の『NHK紅白歌合戦』初出場を狙っている身のMay J.にとって、この時期の熱愛発覚はよろしくはない。出演者を選ぶNHK側に、マイナスアピールになることはあっても、プラスには決してならないのだ。

 女性週刊誌記者は「やっかみが生まれるのかな。カラオケで連勝している時も、“ヤラセ”なんて言われていました。本人は、素直でいい人なんですけどね。結婚? 確かに結婚適齢期だけど、それは尚玄次第では。ただ、イメージ的に、熱愛はありでもお泊まりはマズイかもしれませんね」と言う。

 “ありのまま”の熱愛を、ファンがどう受け止めてくれるのか?

石川敏男(いしかわ・としお)
昭和21年11月10日生まれ。東京都出身。『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の芸能デスク兼芸能リポーターとして活躍、現在は読売テレビ『す・またん』に出演中。 松竹宣伝部、『女性セブン』(小学館)『週刊女性』(主婦と生活社)の芸能記者から芸能レポーターへと転身。

世間はそんなにMay J.に興味ないという真実

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク