[ジャニーズツッコミ道場]

Sexy Zone・中島健人、“ウットリ”全開のヨルダンロケで見せたアイドル未踏の境地

kenntotto.jpg
健人については論ずるより感じたい

「Sexy Girlに会いに来たんだ(はあと)」
「愛し合っちゃいなよ!」
「この地球上にいるすべてのみんな、俺のこと、好きになっちゃいなよ!」

 …………あの『JMK 中島健人ラブホリ王子様』(日本テレビ系)が、スケールアップして帰ってきたのかと思った。Sexy Zone・中島健人は、ウットリ系ジャニーズでは随一のポテンシャルを持つ。笑われたり、キモがられないギリギリのライン(もしかしたら、大きくはみ出てるかもしれないが)の甘いセリフを、キメキメのスマイルで言い放つことができるのは、ほかにはNEWS・手越祐也センパイぐらいしかいない。

 そして『JMK』とは、視聴者を恋人に見立て、健人がカメラに甘い言葉をささやき続ける仮想デート番組で、その健人の“ウットリワールド”の濃さが全方位に満ちあふれた内容は、毎回抱腹絶倒だった(やっぱり笑っていた)。

 今回、中島健人が出演したのは、6月15日放送の紀行バラエティ『ホムカミ~ニッポン大好き外国人 世界の村に里帰り~』。日本で暮らす外国人の“里帰り”にタレントが同行しレポートする番組だ。今回は、日本で働き日本人の奥さんをもらったヨルダン人男性が、日本の国籍を取得し帰化するため、両親を説得しようと帰国。その説得に健人が同行するというもの。冒頭のセリフは全て、そのロケ中に健人が言い放った言葉だ。

 番組冒頭から「ヨルダン! 愛し合っちゃいなよ!」と登場し、さらに、番組の“親善大使”ということで、「王妃とかに会わないといけないのかなって」と、飛ばしまくる。でも、そうは言ってもジャニーズなので、今回の主役であるヨルダン人男性が勤める会社を訪れると、「キャアアアアア!!」と女性社員が総出で健人をお出迎え。この声援に対しても、「Sexy Girlに会いに来たんだ」と、期待以上の返しを見せる。なんだか、ルックスのいい狩野英孝かノンスタイル・井上裕介に見えてくる。

 出国前からウットリワールド全開だが、ヨルダン現地ではさらに飛ばす。2000年以上前に作られたというローマ帝国の遺跡・円形劇場の台上へ上がると、「レッツ、シンギング!!」「♪ナーーンバ、ワーーン」とSexy Zoneのヒット曲「バイバイDuバイ~See you again~」をめいっぱいのテンションで、アカペラで歌い始めた。遺跡に響き渡る、ジャパニーズトンチキソング。「♪ほら、ステッステッステッ」と、気持ち良さそうにサビのひとくだりを歌い切ってしまった。

アイドルを論じる層をおいてけぼりにする強度!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム