夫婦美談が到着

小栗旬、『BORDER』最終話の台本に「相当落ち込んでた」!? 山田優が支えた舞台裏

BORDER.jpg
『BORDER』/KADOKAWA

 同曜日、同時間帯で放送され、かつ同じ刑事物でもある西島秀俊主演の『MOZU』(TBS系)と小栗旬主演の『BORDER』(テレビ朝日系)。二番組の視聴率争いをマスコミはこぞって取り上げたが、最終話は『BORDER』が14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、同日放送の『MOZU』が7.7%とほぼダブルスコアの大差をつけ、軍配は小栗主演『BORDER』に上がった。

 放送前は、WOWOWとTBSが合同制作、香川照之と西島のW主演で大ヒットとなったドラマ『ダブルフェイス』の再来かと大注目を浴びた『MOZU』。第1話は13.3%という好調なスタートを切り、映画のような映像美と迫力、そして難解なストーリーで視聴者を引き付けたかと思いきや、視聴者は話数を重ねるごとに離れていったようだ。
(薬師寺都)

 一方、9.7%と一桁スタートとなった『BORDER』。小栗演じる死者と話せる刑事・石川安吾が、被害者の思いをくみ取り、無念を晴らすという単純明快なストーリーで、また一話完結型のわかりやすさが視聴者を引き付けたようだ。お茶の間やネットでも高評価で終えた『BORDER』だが、主演の小栗にとっては激しく落ち込むこともあったそうだ。

「最終回の展開が物議を醸していますが、小栗さんも精神的につらかったようです。ドラマが後半に行くにつれて、状況設定や被害者の心理描写がより深くなり、刑事としては許されない行動にまで走っていく石川は、役作りするのが大変だったとか。それを支えたのが、妻である山田優さんだったんですよ。プロデューサーから、後半の脚本は1人で読まない方がいいと言われていたそうですが、小栗さんは1人で読んでしまった。心配した通り、本人は相当落ち込んだみたいで、その様子を見た山田さんは『私も読む!』と台本を読み、結果2人で落ち込んでしまったんだとか。そして、2人で役作りをしたそうですよ」(芸能事務所関係者)

 『BORDER』が好調に進む中、山田の妊娠も発表され、順風満帆な人生を歩んでいる小栗。仕事関係者からも、小栗の人間性は信頼を得ているという。

「主役として現場の士気を上げてくれますし、末端のスタッフに対しても気配りができる人。取材の時も、周りのスタッフが『その質問は控えてください』と気を使っても、小栗さん本人はあっけらからんと快く答えてくれたりするんです」(同)

プライベートの素行で週刊誌を騒がすこともある小栗だが、俳優としての評価は『BORDER』で揺るぎないものになったようだ。

最終話はたしかに落ちるわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク