その他

アップルストア大好き小学生、全米アイドルへの軌跡 ~読むだけで踊りたくなる、トレバー君の話~

【不思議サイト「トカナ」より】

 6月13日の午前10時。東京都渋谷区に「アップルストア表参道」がオープンした。国内では8箇所め、東京では3箇所めにあたるこの日本屈指のオシャレなエリアに開店した店舗では、先着5,000名へのTシャツプレゼントや限定商品の発売効果もあってか、徹夜組も出現。およそ1,000名が開店前に並ぶ大盛況だったらしい。

“ハングリーであれ 愚か者であれ”

 アップル創業者の故スティーブ・ジョブスが、2005年にスタンフォード大学の卒業生たちへ向けたスピーチを締めくくった有名なフレーズだ。

 このジョブス氏のメッセージを、愛して止まないアップルストア店内で実践し続けた少年がいる。彼の名は、トレバー・モーラン。1998年9月30日カリフォルニア生まれの現在15歳だ。トレバー君は元々、あのストア店員たちのフレンドリーなスマイルを苦笑に変えずにはいられないような“小さなゲリラパフォーマー”だった。そんな彼が2013年、プロのアイドルシンガーへと昇り詰めた。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク