嵐とSMAP、最大の違いはどこに? 現代思想でグループの特性を読み解く書籍登場

20140621-arashi.jpg
関 修『隣の嵐くん~カリスマなき時代の偶像(アイドル) 』(サイゾー)

【リアルサウンドより】

 以前リアルサウンドでも紹介した明治大学法学部で行われている嵐を題材にした講義(参照記事:嵐、大学講義の題材に ジャニーズの文化的側面を研究する意義とは)。そこで教鞭をとる関修氏の著作『隣の嵐くん−カリスマなき時代の偶像−』が6月4日に発売された。フランス現代思想を論拠に、嵐ブレイクの理由や魅力の考察を試みる意欲的な取り組みとなった同書。嵐は時代を映す「鏡」、あるいはこの時代の「微」であるから、嵐を真剣に考えることで自分達の生きるこの時代を知ることができると著者は語る。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク