腹黒すぎるイケメン俳優!

「インテリイメージもパー」佐藤健、合コン相手に「ブス帰れ」報道のダメージ

takeru_ruroken.jpg
映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』公式サイトより

 8月1日から主演映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』が公開となる佐藤健に、“イメージダウン必至”の報道が放たれた。6月19日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、佐藤主催の合コンに参加したという女性のある告発を掲載したのだ。

「佐藤が同じく合コンに参加していた三浦翔平に目配せして、女の子たちに『ブース、帰れ! ブース、帰れ!』コールをさせた……という内容です。三浦は歌詞に『ブス』を織り込んだ替え歌まで披露していたとか。女の子の中には、泣き出してしまう子までいたそうですよ。佐藤のさわやかなイケメンイメージを覆す記事内容でした」(芸能ライター)

 ネット上では、そんな佐藤に対する批判の声が飛び交うことに。「平気で人を罵れるって最低」「売れていい気になってるんじゃない?」「2人ともチャラそうだよね」などといったコメントのほかに、佐藤が以前起こしたスキャンダルを持ち出すネットユーザーもいるようだ。

「かつて『文春』が、泥酔した前田敦子を佐藤がお姫様抱っこして連れて帰るという写真を掲載したことがありますが、その際前田が号泣していたことを引き合いに、『あっちゃんも、健にひどいことを言われて泣いてしまったのでは?』と言う人がいましたね。もちろん推測でしかありませんが、佐藤を疑惑の目で見る人は増えるでしょう。また、広末涼子との不倫疑惑も蒸し返され、非難が殺到していました」(同)

 最近では、社会学者・古市憲寿や作家・朝井リョウとトーク番組に出演したり、ネット上で出身高校の越谷北高校が進学校であることが話題になるなど、佐藤に“インテリ”のイメージを持つ人も増えていた。

「だからこそ、今回のような女性を侮辱したという報道は痛いと思います。インテリイメージも全てパーですね。映画『るろ剣』の公開を控えている時期なので、早くこの話題が消え去るよう事務所側も焦っているのでは」(芸能誌編集者)

 佐藤の女性ファンの中には、「実際に、女の子にブスと言ったのは三浦」といった擁護の意見もあるが、今回の報道で、たくさんの女性を敵に回してしまったのは間違いないようだ。

雑なブスいじりは身を滅ぼすわよ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク