サイゾーウーマン勝手に調査団

芸能関係者がこっそり明かす、「奇行騒ぎを起こした芸能人」とは?

2014ayanogo.jpg
『NHK DVD 綾野剛 RUN GO RUN ~裸にしたい男 プレミアム・エディション~ 』/ポニーキャニオン

 過去にはタクシー無銭乗車の広末涼子、奇抜なファッションと言動を繰り返し話題になった鬼束ちひろなど、“奇行”に走る芸能人のウワサは後を絶たない。今回はそんな知られざる芸能人の“奇行事情”に迫る。

 11年のNHK連続テレビ小説『カーネーション』でブレーク、戸田恵梨香との交際でも名を広く知らしめた綾野剛。彼は酒の席での奇行エピソードに事欠かないようだ。

「NHK大河ドラマ『八重の桜』打ち上げでの出来事です。綾野は終止不機嫌で、店の外に出た途端にマネジャーの制止を振りきって、花壇にケリを入れていたことが週刊誌で報じられました。しかし会場内ではもっとひどく、女性スタッフに突然体当りするという意味不明の行動で、みな彼からは距離を取っていましたよ」(芸能プロ関係者)

 また綾野といえば、今年3月には「フライデー」(講談社)で、衝撃の“立ちション姿”が掲載されてしまった。続いても、まさにブレーク中の若手俳優の、意外すぎる奇行だ。

「勝地涼です。普段はおとなしくて男女ともに好かれているんですが、ふとした瞬間、突然キレてしまうんです。ある飲み会で一緒になった女性は、直前まで勝地と楽しく雑談していたのに、いきなり低い声で『もうお前、帰れよ。ウゼえから』と言われてしまったとか。その場は一瞬で凍りつき、女性は泣き出してしまったそうです。勝地と高校で同級生だった一般人男性は、『あいつは昔からキレキャラだからね……』と話しています」(若手舞台役者)

 最後は昨年の『NHK紅白歌合戦』の司会で、その天然ぶりをあらためて世に知らしめた綾瀬はるか。映画『万能鑑定士Q ‐モナ・リザの瞳‐』のフランスロケでは、「ルーブル美術館の廊下で寝ていた」ことも話題になったものだが、実際の現場評はというと――

「どうも最近、やしろ優などがバラエティで披露している『芦田愛菜のモノマネ』に凝っているようで、さまざまな現場で『芦田愛菜だよ~!』と叫ぶ綾瀬が目撃されています。先日、あるCMの撮影が行われたんですが、そこでも綾瀬は現場入りした途端に『芦田愛菜だよ~!』を連呼。撮影が始まっても、カメラが止まった瞬間に『芦田愛菜だよ~!』と連呼して1人で笑っているため、スタッフからは失笑が巻き起こっていたとか」(広告代理店関係者)

 クスっと笑ってしまうものから少々物騒なものまで。こうした奇行もファンにとっては魅力の1つかも?

クリエイティブなオレって世の中生きづれー、ってキャラ作りお疲れ様!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!