絶対やると思ってた!

浜崎あゆみ、TRFに乗っかり! 「エクササイズダンスDVD」発売に失笑の嵐

2014ayumihamasaki.jpg
『Colours (CD+DVD)』/avex trax

 UCLAの医学部に通う大学院生との交際・結婚といったプライベートでの話題をリリースにつなげる“話題作り商法”を続けてきた浜崎あゆみだが、先日発表されたエクササイズDVDのリリースにより、ネット上の“失笑”が加速している。2012年にTRFがリリースした『TRF EZ DO DANCERCIZE』に“乗っかった”形であるだけに、さらなるファン離れにもつながってしまいそうだ。

「TRFのDVDは、『BOY MEETS GIRL』などの楽曲に合わせて、メンバー自らエクササイズダンスを指導するというものでしたが、シリーズ合計で100万枚突破という驚異的な売り上げを記録しました。そんな中で浜崎がリリースする『A exercise』も、TRFと同じような内容のDVDで、浜崎本人がエクササイズダンスを実践する映像も収められているということです」(芸能ライター)

 そんな浜崎は、20日発売の「フライデー」(講談社)でも“小馬鹿”にされてしまった。ツアーで帰国した際、都内バーで夫とお忍びデートをしていたという記事内容なのだが、通行人は誰一人浜崎に気付いていなかったにもかかわらず、厳重な警備体制が敷かれていたという。

「『タダの裸の王様』『(話題作りリリース作戦は)ファンもあきれていて、話題にもなりませんでした』といった文章が満載の完全な叩き記事ですよ。ビッグスキャンダルならいざ知らず、こうしたなんでもない叩き記事を出されてしまうのは、それだけ浜崎の影響力が弱まっている証しでしょう」(同)

 そして今年のライブツアー『ayumi hamasaki PREMIUM SHOWCASE ~Feel the love~』についても、業界関係者からは冷めた意見が。

「今回は全国3会場全11公演ですが、昨年の全国13会場全28公演、10年の全国13会場全41公演と、年々規模が縮小となっているのは間違いありません。やはりチケットの売り上げが悪くなっており、余計な空席を作らないためにも、会場数を減らしているようです。また13日の大阪公演当日は、プライベートジェットで海外から日本入りしたそうですが、これも一昔前であれば『セレブすぎる現地入り』と大きな話題を呼んでいたことでしょうが、ほとんど騒がれていません」(同)

 あからさまな話題作りに、TRFへの“乗っかり”――いよいよマスコミへの支配力をなくしつつある浜崎だが、これもプライベートをネタにし続けて、ファンまでも失望させてしまったツケが回ってきた、ということだろうか?

今年も、名物の「追加席発売!」が楽しみ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!