[女性誌速攻レビュー]「nina’s」7月号

窓を開けて“風ごっこ”、旅先の空気をストロー吸引! 「nina’s」のおしゃれバイアスが狂気の沙汰

ninas1407.jpg
「nina’s」2014年7月号(祥伝社)

 「nina’s」が前号からしれっと読者を「ニナmama」と呼び始め、ざっくりとした読者の囲い込みを始めたことはレビューでもお伝えしましたが、今号ではそんな「ニナmama」の中でも特にクリエイティブでおしゃれなママたちを「ニナmama」としてフィーチャーし始めた模様です。どっちも「ニナmama」ってわかりづら~! かつての「I love mama」(インフォレスト)のように、ママモ(専属モデル)>ラブママ24(準専属モデル)>美ママ(一般読者)と分類してくれればスッキリするというものですが、ここはほっこりおしゃれを信条とする「nina’s」。「読者に序列をつけるなんてクリエイティブじゃない」というオンリーワン志向なのでありましょう。

 では一体どんなママが「ニナmama」として誌面に登場するのか。「ニナmama緊急会議 夏、これ流行ります。」を見てみますと、ミュージシャン、フードユニット、ヘアメイクなどおなじみカタカナ職業のママたちと、「nina’s」では最もクリエイティブな職業と崇められる「主婦」ママが並んでいます。そしてお互いが持ち寄ったミランダ・カー愛用のココナッツシュガーやらオーガニックのトマト缶やらお米でできたカトラリーやらを褒め合うという、「nina’s」ファンにはゾクゾクが止まらない内容。この座談会に交じって「環境フレンドリーだね」とか「友人の展示会で一目ぼれして」とか言うことこそ、一般読者ニナmamaたちのアガリと考えて間違いなさそうです。

<トピックス>
◎ニナmama緊急会議 夏、これ流行ります。
◎特集 Happy Summerの作り方。残し方。
◎おしゃれな人の写真の撮り方、残し方。

■TUBEばりに夏に期待しすぎ

 さて今号の特集は「Happy Summerの作り方。残し方。」キャッチには「思い出に残る“夏遊びファッション”“外遊び&おうちの遊びの仕方”を大公開」とあります。導入のページには個性的なファッションに身を包み、思い思いのレジャーを楽しむクリエイティブファミリーのスナップ写真が大量投入されており、読者の夏遊びのハードルをグンと上げています。

 MEGUMI、土屋アンナ、豊田エリーを取り上げた「あの人の遊びファッションをチェック!!」では、「“Theアウトドア”なコーデにしないのが気分」「なんでも簡単に手に入る時代だけど、キャンプは“不便を与える”ことができるから、息子にとっては“学びの場”」など、物言うオシャレママ代表・MEGUMIさんがイイこと言ってますので息を止めて駆け抜けましょう。

 しかしこの企画も主演女優はMEGUMIでもアンナでもエリーでもなく、ほかならぬ「ニナmama」です。そんな「ニナmamaやニナpapaがどうやって遊んでいるのかをご紹介」しているのが、「発表!思い出に残るみんなの外遊び・おうち遊び」。このページには子どもの遊びという切り口の中に「nina’s」的価値観が盛りに盛られており、大変興味深いです。

都会の夏の“風ごっこ”はGとの戦いだぜ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー