仁科友里の「女のためのテレビ深読み隔週報」

「乱れても吐かない」という泥酔スタイルに感じた、脊山麻理子の浅はかな優越感

sekiyamamariko.jpg
『脊山麻理子/34 ~永遠の天然少女~』/イーネット・フロンティア

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「自分が好きな人間は、あんなことしないですよ」脊山麻理子
『ロンドンハーツ』(6月10日放送、テレビ朝日系)

 会社員の頃、「無類の酒好き」を自称する女性の先輩がいた。どんな風に泥酔したかを吹聴して回る。酒が飲めるとあれば、多くの女性が見向きもしない、おじさん飲み会にも参加。時々、持って帰られているといううわさも聞いた。しかし、不思議なことに、この先輩は女同士の飲み会ではほとんど飲まない。そんなことが何回か続き、「オトコ限定泥酔」とは、持ち帰られるための“手段”なのではないかと思うに至った。

 日本テレビ時代、天然キャラとして人気を博したものの、フリー転向後はぱっとせず、崖っぷち女子アナとしてバラエティに出ている脊山麻里子も、泥酔を“手段”とするタイプではないだろうか。脊山の仕事のなさは深刻で、今年の3月の給料は6万9,000円だったそうだ。

 女子アナは、テレビに映っている間は清純かつ品行方正を求められる。が、脊山は差別化を図るため、反対の路線を進む。最近はグラビアに挑戦、写真集の発売イベントでは、水着姿でマスコミの前に出るなど“女子アナらしからぬ”行動で話題を集めた。

 冒頭の「あんなこと」という言葉は、『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)において、脊山が飲み会で披露した泥酔のことであり、これもまた“女子アナらしくない”行動だろう。

 飲み会のメンバーはオネエの美容師とプロレスラーで、女性は脊山1人である。順調に杯を重ね、脊山は酔っぱらっていく。「暑い」と言って上着を脱いだ脊山の服装は、ノースリーブのミニドレス。肩のラインが透けたセクシーなものだった。会計時、脊山はプロレスラーに「お金がないの」と拝み、奢ってもらうことに成功。その後もガンガン飲み、カラオケの際には、オネエ美容師の膝の上に頭を乗せて脚を4の字に組むという醜態を見せる。プロレスラーがスカートの中を覗いていたのが印象的だった。

 脊山は「仕事がほしいから、泥酔というみっともない姿を披露した」と言うが、果たして泥酔姿をさらして仕事は増えるのか。真相は不明だが、1つ言えることは、脊山の泥酔は「男にとって都合がいい」ということである。

 脊山の泥酔は、吐いたりして迷惑をかけるわけではないキレイ系の泥酔だ。パンツだって見せてくれる。持ち帰りにこんな適した泥酔はなく、脊山が酔えば酔うほど男たちにはチャンスがある。世間的には「泥酔した女とそれに呆れながら付き合う男」という構図だろうが、脊山が美しい肢体を持っている以上、脊山が女王様で男たちはエサを待つ犬である。つまり泥酔することで、脊山は男より優位に立てるのだ。

女だらけの飲み会で話題に出すと、最高に盛り上がるタイプの女

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー