女子高生をエッチで治療!?  性感帯を刺激する“お医者さん”TLがエロい!

lovelarute_01.jpg

 TLで人気のジャンルといえば、イケメン軍団に囲まれちゃう学園モノ、厳しい上司や教師に命令されるドSモノ、会社でHに励む社内恋愛モノなどがありますよね。でも今回ご紹介するのは、女子の心をかなりの確立で揺さぶるジャンル“医療モノ”です。幼少期にお医者さんごっこをした経験のある女子は多いはず。その頃の童心を思い出しつつ、エッチな気分にもなれちゃう作品『ラブカルテ~恋の病は進行中!~』です。

 女子高校生の美々子は、心臓の病気で入院中。入退院を繰り返す生活にうんざりしながらも、最近は担当医師・リョウ先生に会えることが楽しみになっていました。思いが募った美々子は、直接ラブレターを手渡しするも返信は一切なし。そのまま退院することになってしまい、思いが残る美々子でしたが、わずか1カ月後には再入院に。そんなある日の夜、眠れずに院内を歩いていたところ、仕事終わりのリョウ先生と喫煙所で遭遇します。思わず2人きりになって動揺している美々子に、「手紙の事だけど一応読んでます。ありがとう」「入院なんかしてるとセックスも出来ないしヒマでしょ」と声を掛けてくるリョウ先生。心臓の発作があるからセックスは他人事だと思ってる、と言う美々子に「激しくしなきゃ平気。生でしなきゃ大丈夫だから」「少しだけ疲れた方が眠れると思うんだけどね」とリョウ先生の手が美々子の下着の中に……。

 その夜以来、美々子はシャワーを使える夜だけ先生のいる喫煙所に通うようになります。でも何度Hなことをしても、先生からキスもされたこともなく「好き」なんて言葉も聞いたことがないままの状態に不安を覚え始めるように。「イけるようになれば前より疲れて眠れるからね」と安眠のためだと言う先生だけど、ひょっとしていたずらされてるのかも……。

 すごい医者がいたものですね! セックスも処方の1つみたいなことなのか、だったら患者思いで良い医者ともいえる、など思わず医者の仕事について思案したくなる頃に、ここぞとばかりに過激なエッチ展開が始まります。医者らしく冷静に性感帯を刺激し、口頭で“濡れ”具合を説明するところも、Sっぽくてナイスなキャラ設定です。

 医者が言わずとも、セックスした方がぐっすり眠れることは、みなさん体で知っていますよね。安眠したい夜は、『ラブカルテ~恋の病は進行中!~』で妄想を膨らませて楽しんじゃいましょう!

【こちらも人気作品!】
遊廓で強制H、イケメンペットといろんな場所で! Hシーンが過激な作品ベスト2!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!