[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・二宮和也、最終話目前も8.4%! 『弱くても勝てます』3話連続10%超えならず

yowakate01.jpg
弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)公式サイトより

 3週連続で視聴率が一桁台に落ち込んでいる、嵐・二宮和也主演ドラマ『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)。初回に13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得以降は下降を続けているが、6月14日に放送された第10話は8.4%と、またしても10%超えとはならなかった。

「前週は、裏番組で『土曜ワイド劇場 おかしな刑事 居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査』(テレビ朝日系)が放送されており、人気シリーズだけに視聴率14.1%を獲得していました。また、『AKB48第6回選抜総選挙 生放送SP』(フジテレビ系)ともぶつかっていたため、『弱くても勝てます』は7.4%でシリーズ最低視聴率を更新してしまいました。10話では、二宮が監督を務める小田原城徳高校野球部が宿敵・堂東学院に挑むも、無念の敗北でチームはどん底の状況に。最終回前の大事な1話でしたが、数字は伸びず。最終回も初回超えは厳しいかもしれませんね」(芸能ライター)

 二宮の主演ドラマが低視聴率にあえぐ一方、「日経エンタテインメント!」(日経BP社)2014年6月号に掲載されている「タレントパワーランキング2014」では、嵐が2位を獲得したほか、メンバー個々でも50位以内にランクインを果たしている。「タレントパワーランキング」は、株式会社アーキテクトがタレントの認知度と関心度の調査を基にデータ算出し、ランキング化。タレントの最新の人気度が反映されるもので、この結果はエンタメ界に絶大的な影響力をもたらすといわれている。

「嵐はフィギュアスケート・浅田真央に次ぐ2位で、5年連続で同順位をキープ。SMAPは前年の6位から下がって11位となり、8位には櫻井翔、16位に松本潤がランクインしています。20位は大野智、22位に相葉雅紀が入り、最も順位が低いのはドラマが不調な二宮で、25位という結果でした。とはいえ、他ジャニーズタレントでいえば、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の主役を演じているV6・岡田准一は27位ですし、SMAP・香取慎吾は32位、中居正広も46位となっています。『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)が高視聴率のTOKIOメンバーでも長瀬智也が58位、国分太一は65位。嵐メンバーの堂々ランクインぶりは驚きです」(同)

 『弱くても勝てます』は、いよいよ6月21日の第11話で最終回。ドラマの展開とともに視聴率ではどのような決着がつくのか、期待して見守りたい。

出演者たちの写真集出した方が売れそう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  9. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  10. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  19. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー