その他
【ジャニーズ研究会レポート】

Sexy Zoneの分裂が本格化か? アイドル3誌は3人体制で掲載

jSexyZone03.jpg
この5人がよかったのに!

 2012年夏頃から年下組の松島聡・マリウス葉の扱いをめぐってメンバー内格差が生じ、ファンを一喜一憂させているSexy Zone。松島&マリウスの2人は、12年10月発売の3枚目のシングル「Sexy Summerに雪が降る」のジャケット写真で、前列の中島健人・菊池風磨・佐藤勝利よりも明らかに小さく写っていたことをはじめ、その後のシングル曲でも2人はバックダンサーのJr.のような位置付けに。不遇な扱いを受けるたびに、ネット上ではファンから不満の声が噴出。「5人でSexy Zoneなのに」という切なる願いが届いたのか、昨年末の『NHK紅白歌合戦』などでは衣装の格差もほとんどなく、メンバー5人が平等に扱われることも多くなってきました。

 しかし先日発表されたツアーの日程の一部に関して、松島とマリウスが「出演しないのではないか」とファンの間で波紋を呼んでいます。今回のツアーは7月23日に埼玉、8月5日・6日に神戸でコンサートを行う小規模のツアーとなっていますが、問題視されているのは8月の神戸公演。松島&マリウスは今年5月に結成されたSexy Zoneの弟分ユニット「Sexy Boyz」「Sexy 松(SHOW)」に振り分けられており、7月30日~8月10日に行われる「ガムシャラ Sexy 夏祭り!!」(EXシアター六本木)にメイン出演する予定にも関わらず、Sexy Zoneの神戸公演と開催日時が重なってしまっているのです。Sexy Zoneは前列の中島・菊池・佐藤をメインに据えているため、3人が「Sexy Zone」としてコンサートを行うのではないかとファンに激震が走りました。

 そんなファンの不安を増長させるのが、ジャニーズ事務所の意思が色濃く反映されるといわれるアイドル誌。6月7日発売のアイドル雑誌では……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

Sexy Zoneの分裂が本格化か? アイドル3誌は3人体制で掲載のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  3. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  4. 消えたタレント料理人たちは今
  5. プウ美ねえさん流体重キープ術
  6. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  7. 「演技うまくなった」と好評の大根役者
  8. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  9. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  10. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  11. イソフラボン配合はまやかし?
  12. 土屋太鳳、ぶりっ子暴露で炎上
  13. 渡辺麻友の発言が報道NGのドタバタ劇
  14. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増
  15. 櫻井翔「顔パンパン」問題を高須が斬る
  16. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  17. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  18. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  19. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  20. 1日5回セックスしたい彼女と、4月しかヤりたくならない年下彼氏の性欲格差カップル

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  2. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  3. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  4. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  5. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. 毒母問題の一因は、母を崇高化すること
  5. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. G・パルトローのサイトでセックス特集
  3. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  4. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  5. キム、パリの強盗被害を生々しく語る