【うわさの会見場から】

「書道8段を取得した時期」はNG! EXILE・TAKAHIRO、初個展での怪しい質問規制

2014takahiro.jpg
EXILE公式サイトより

 EXILEのTAKAHIROが、さいたまスーパーアリーナ内のイベントスペースで、初の個展『始-絵具バカ日誌-』を開催している。鉛筆画や写真など約200点を展示しており、中でも目玉は書道8段の腕を生かした書作品という。TAKAHIROは開幕前日の11日、マスコミに会場内を公開し、記者会見も開催。しかしその現場では、「書道8段」に対する疑問の声が上がっていたという。

「会見前、広報スタッフから『TAKAHIROは書道を幼い頃から習っていたそうですが、いつから始めたか、またいつ8段を取得したかは覚えていないと言っていますので、その辺は曖昧にしてほしい』と、集まった報道陣にアナウンスがあったそうです」(芸能デスク)

 嵐の大野智が4段、深田恭子が10段のさらに上の特1段といわれており、芸能界にも書道の有段者は多いが、「段位を与える書道連盟は、全国各地に大から小まで数多く存在。昇段の仕方に共通した決まりはないが、子どもの頃に試験を受ければ比較的簡単に昇段できるパターンが多い一方、成人の部では難易度が上がるのが一般的」(書道有段者)だという。

 つまり学生時代の8段と大人になってからの8段では、実力にかなり差があると言えそうで、会見場にいた記者の間で「取得時期を言えないようでは、“8段”の説得力はかなり落ちる」との意見が上がっていたという。

「TAKAHIROは容姿も良ければ歌もうまく、作詞もできる。最近はドラマ『戦力外捜査官』(日本テレビ系)で主役を張るなど俳優業に進出し、『バイキング』(フジテレビ系)ではMCにも挑戦しています。そこに『書道』も達者で芸術的才能もあるときた。EXILEの運営側は、TAKAHIROのオールマイティーさを押し出そうという戦略だったのだと思いますが、今回の怪しい質問規制は、墓穴を掘ってしまった感がありますね」(芸能ライター)

 ちなみに会見内容についても「優等生的回答に終始しており、あの空気では元AKB48・板野友美との交際についてツッコむこともできず、特に盛り上がりもなかった」(同)という状態だったという。

 個展は22日まで開催。“8段”の腕前をぜひ肉眼で確かめてみては。

保険としての鶴太郎ポジション?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク