「人の視線にさらされると痩せる」は都市伝説? 美奈子の激ヤセの秘密は●●にアリ!

rinpa_mainga.jpg
Photo by Mark Sebastian from flickr

 「人の視線にさらされると、痩せる」という都市伝説のような話を聞いたことはありますか? 芸能人が美をキープできているのは、人に見られているからだと言われても、なかなかピンとこないものですよね。しかし、『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)に出演して知名度を上げた、ビッグダディの元妻・美奈子を見ていると、「あながち間違ってないかも……」と思ってしまいます。

 最初にテレビに出てきた頃の美奈子は、ぽっちゃり……むしろ、もったりとした体形だったはずなのに、あれよあれよという間にスッキリしたような。その生き様や言動には賛否両論あれど、「あの痩せっぷりには唸った」という人は少なくないのではないでしょうか。

rinpa_minako.jpg
美奈子オフィシャルブログより抜粋

そんなこんなで、「人に見られると女は痩せるんだ……」と確信を抱いていたところ、美奈子がブログで紹介していたアイテムに目が留まりました。その名も「リンパマッサージセルライトスパッツ」。「履いていると、加圧トレーニングと、リンパマッサージと、骨盤矯正をしてくれるだって」というものらしいのですが、やっぱり「見られるだけ」でなく、隠れてダイエットしていた模様。早速、このアイテムについて調べてみました。

まず、履いているだけで加圧トレーニング状態というのは、「強圧編み」がポイントのよう。ヒップを包み込む「強圧編み」、ポッコリおなかを押さえ込む「強圧編み」、脚をテープで巻くように配置された「強圧編み」……この怒涛の強圧編み、体験したくなります。また、脚の付け根に集中するリンパを刺激する作りになっており、むくみの原因である老廃物の排出を促してくれ、さらに歪んだ骨盤を正しい位置に補正してくれる効果も期待できるんだとか。

 効果が実感できるまで何カ月もかかるとしたら、どんなにいいアイテムでも興味が薄れてしまうところですが、基本的に14日間くらいで「体が変わった」という感じられるそうです。愛用者の中には、14日間履いているだけで、太もも6.8センチ、ふくらはぎ3.4センチ細くなったという人も。太ももが7センチ近く細くなるなんて、想像もできませんよね。今持っているデニムがブッカブカになるかもしれません。

rinpa_monita.jpg
14日間のビフォア・アフター

 これからの季節、スパッツと聞くと「ムレて汗臭くなりそう」と気が引けそうになりますが、薄手生地なので安心。デニムの下に履く人もいるそうです。もちろん、就寝中にだけ履いてもOK。梅雨が開ける前までに、駆け込みで下半身痩せをしたいという人には、「リンパマッサージセルライトスパッツ」試してみる価値アリかも?

たった14日間で最上の美脚を手に入れる「リンパマッサージセルライトスパッツ」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  11. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  16. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  17. キャラ変え好調の乙武洋匡
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー