[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・松本潤、Hey!Say!JUMP・山田涼介にライブ演出を直伝! 「意見をすごく言ってくれた」

enjyeru-mj_01.jpg
松潤が後輩に頼られるなんて、感慨深くなっちゃう

 5月10~11日に開催された東京ドームコンサートで、これまでとは違った“大人のステージ”を披露しファンを魅了したHey!Say!JUMP。メンバー全員が20代になったことや、ジャニーズ事務所の副社長・藤島ジュリー景子氏の管轄に入ったこともあり、昨年からグループの転換期を迎えている。そんな中で行われたドーム公演の2日目には、嵐・松本潤、関ジャニ∞・大倉忠義、NEWS・増田貴久といったジュリー派の先輩が見学に来場していたが、その裏ではグループの垣根を超えた先輩・後輩の交流があったようだ。

 有岡大貴&高木雄也がパーソナリティを務めるラジオ番組『JUMP daベイベー!』(bayfm、5月30日放送)では、ドームコンサートを振り返ってトークを展開。有岡は見に来てくれた先輩とのやり取りについて、

「ちゃんと見た感想とかも言ってくれて、貴重な体験でしたね。いろんなグループの先輩がJUMPのコンサートについて、あそこまで真剣に考えてくれているからね。『これからもっと良くなるためには』っていう感じで意見をすごく言ってくれて。本当に貴重な体験というか、恵まれているなと。これからも、また先輩方にも来てもらえるようなライブ作りをしていきましょう!」

と、裏話を明かしていた。残念ながら2人の口からは、誰からどんなアドバイスをもらったのかは聞けなかったが、実は今公演では、松本が重要な役割を担っていたようだ。

「山田君は『ポポロ』7月号(麻布台出版社)で、ドーム公演にあたって松潤にいろいろ相談してアドバイスをもらったと語っていました。山田君はライブのことで人に相談するのは初めてだったそうですが、そのおかげで2階席からもJUMPを近くに感じてもらえる演出を考えることができたとか。公演では松潤が考案したムービングステージも使用していました」(JUMPファンの女性)

 山田と松本といえば、ともにドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)の主人公・金田一一を演じたという共通点のある2人。松本は2001年にKinKi Kids・堂本剛に次ぐ2代目の金田一を演じ、4代目に抜擢された山田は7月から連続ドラマ『金田一少年の事件簿N』(同)がスタートする。

「山田君は、以前から雑誌等であこがれの先輩として松潤の名前を挙げています。昨秋の雑誌では『東京オリンピックの時にどうなっているか』という質問に『ズバリ松本潤くんになっていたい!』と発言していたんです。松潤も4年前の『WiNK UP』(ワニブックス)で、『オレは感動した』『アイドルとしてすごくまっとうにいるなって。キャピキャピ感にぐっとくる』と、JUMPをベタ褒めしてくれました。派閥が同じになる前から、JUMPのことを見てくれて、優しい言葉も掛けてくれる先輩がいてくれて本当にうれしいです」(同)

 ジュリー派の傘下に入ったものの、グループとしてはKis-My-Ft2やSexy Zoneの勢いに押され気味のHey!Say!JUMP。今後は、6月18日にリリースされるアルバム『smart』を引っ提げ、8月2日からコンサートツアーをスタートさせる。ツアーでは、松本をはじめとした先輩たちのアドバイスを踏まえた、アイドルらしいステージが見られることに期待したい。

キメキメの私服センスもJ譲りかもしれない……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク