逮捕からはや1カ月

ASKA、覚せい剤事件の報道“減少”の怪! 裏には「東電OL殺人事件」のやり手弁護士

aska_tour.jpg
CHAGE and ASKAオフィシャルサイトより

 衝撃の逮捕からはや1カ月、報道される機会も減りつつある、CHAGE and ASKA・ASKA容疑者の覚せい剤事件。先頃一部スポーツ紙により、ASKA容疑者の弁護人を「東電OL殺人事件」で被告男性の再審無罪を勝ち取った、敏腕弁護士が担当すると伝えられたが、これもゴシップ報道が減った原因の1つだという。

「2週間ほど前から、マスコミ関係者の間でも『ASKAに相当やり手の弁護士がつくようだ』と話題になっていました。いくつかの週刊誌は裁判沙汰を恐れたのか、過激な報道を控えるよう、上から通達も出ていたようです」(週刊誌記者)

 報道が減少した原因は、ほかにもある。ASKA容疑者が全面的に罪を認めた、つまり“完落ち”状態になったからだという。

「有名人に限った話ですが、取り調べでなかなか容疑を認めない場合、警察があえて取り調べの様子や表に出ていない情報をメディアにリークし、それを報じさせ、容疑者を追い込むことがあります。ASKA容疑者は素直に自供を続けているため、警察ルートの情報もなかなか降りてこない状態になってしまったんです」(同)

 しかし覚せい剤容疑に関連して、10日発売の「女性自身」(光文社)では、昨年の時点で、ASKAが所属事務所の取締役から外されていたことが伝えられた。相方であるChageや所属事務所はすでにASKAを見限っており、すなわちそれは、CHAGE and ASKAが将来的に再活動することはないと判断した証しだという。さらに今週になって、ASKA容疑者の主治医だった平石貴久氏の経営する医療法人「社団貴生会」が、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことも明らかになった。

「同クリニックは、もともと“ニンニク注射”で有名な、芸能人御用達のクリニックでした。平石氏は『ノンストップ!』(フジテレビ系)のインタビューで、自らASKAにアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)を処方したと明かしていましたが、医療関係者でないと入手が難しい薬物検査キットをASKAが所持していたのも、同氏の手助けがあったからかもしれません」(芸能プロ関係者)

 こうして、現在は後追い報道も下火となったASKA容疑者だが、今後舞台は法廷へと移り、さらなる新事実が明らかになっていくことだろう。

栩内香澄美、飯島愛、杉田かおる、東電OL……役者ぞろい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  18. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと