売れるわけないのはみんな知ってた

HKT48・指原莉乃、新曲がまさかの14位発進! 「ムカつく」発言で大炎上の悲劇

20440612sashi_.jpg
「シェキナベイベー(CD+DVD)」/avex trax

 6月7日に行われた『AKB48 37thシングル選抜総選挙』で、連覇を逃して2位に陥落したHKT48・指原莉乃。5月30日公開の主演映画『薔薇色のブー子』が、一部の劇場で早々に公開打ち切りとなることが話題となったばかりだが(既報)、指原が参加する同作の主題歌も、発売初日から不調な滑り出しとなってしまった。

 主題歌に起用された「シェキナベイベー」は「内田裕也 feat. 指原莉乃」名義で6月11日にリリースされた。10日付のオリコンデイリーランキングでは、売り上げ枚数は不明ながらも、初登場14位という低スタート。指原は2012年5月に「それでも好きだよ」でソロデビューし、同10月にはAKB48メンバーの川栄李奈・加藤玲奈・入山杏奈が加わった「指原莉乃 with アンリレ」名義で「意気地なしマスカレード」をリリースしているが、どちらも発売初日は2位と高順位につけていた。

「これまでのシングルは複数枚売りで、特典で生写真やイベント応募券が付いたものや、握手会参加券付きがありました。今回のシングルは1形態の販売で、初回特典は内田&指原直筆サイン入りロックTシャツの応募券のみですが、それもしても14位とは驚きです。ファンからは、内田がメインのCDであることや、接触イベントがないことを理由に『14位は妥当な結果』だと主張する声が上がっている一方、ファン以外のネットユーザーからは、映画もソロシングルも“爆死”だと失笑を買っています。『意気地なしマスカレード』は週間ランキング1位に輝きましたが、この勢いだと『シェキナベイベー』が週間1位を獲得することは難しいでしょうね」(芸能ライター)

 また、ネット上では現在、指原のとある発言をめぐって批判が集まっている。指原は映画の公開に合わせて『指原24時間テレビ ブー子は地球を救う』(CSテレ朝チャンネル1)という生放送に出演。同番組の厳選ベストセレクションとして、6月7日の深夜に、テレビ朝日系で『伝説の指原24時間テレビ指原ブー子爆笑映画スペシャル!!』が放送されたが、番組内で「指原の不幸話」として明かされた内容が物議を醸しているのだ。

「指原は、HKT48移籍後に発売されたAKB48のシングル『UZA』で、総選挙で4位になったにもかかわらず、最後列の端っこに回されたことについて『ほんとムカつくんだよなー。私より順位が下の人が前で歌ってるんですよ。「なんなんだよー」と思いますよね』と、本音を吐露。周りの共演者が引くほど、不満気な顔で『ムカつく』を連呼していました。HKT48には自身のスキャンダルが原因で移籍となっただけに、ネット上では『調子乗りすぎ』『性格の悪さが顔に出てる』などと批判が殺到しています」(同)

 主演映画の打ち切り&主題歌は初日14位と大コケ続きの上に、自身の武器であるトークについてもバッシングが出てしまっている指原。人気回復の一手は残っているのだろうか?

裕也じぃじの思い出づくりでしょ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク