大人気の炭酸美容コスメ、“高濃度”じゃないと意味ナシ!? ブームのカラクリとは

inbicarbo01-yamada.jpg
山田優公式ブログより

 山田優が愛用していることから、巷で注目を集めている炭酸ミスト「インビィカーボミスト」。ブログで山田が「顔の輪郭がぐいっと引きあがった! フェイスラインが引き締まるので、朝起きてムクんでる日には、すぐれもの!」とつづったことが美容フリークの間で話題になり、現在、全国のドラッグストアやバラエティショップのスキンケア部門で売り上げ1位を獲得してるんだそう。ショップでも目立つところに置かれているから、パッケージに見覚えがある人もいるのでは? 

 しかし、洗顔フォームやパックなど数ある炭酸コスメの中で、なんでインビィカーボミスト」がこれだけ売れてるのか? なんだか気になり、手に取って実際に数日間使用してみました。まず、実感できたのは肌がワントーン明るくなったこと。睡眠不足でくすんだ肌色にも、華やぎが生まれました! 肌のキメも整った感触で、ゴワつきが気になっていた顎の辺りも手で触れるとしっとりしています。なにより、酒で慢性的に浮腫んでいる輪郭が使った数日の間でハッキリしてきたことに驚きました。なるほど、これが“高濃度”炭酸コスメの魅力なんですね!

 口コミの評判もチェックしてみると、「使ってびっくり、想像以上の効果を感じている所です!  とにかく肌のキメが細かくなった事を実感しています。さらさらと、赤ちゃんのような肌になりました!」「アラフォーの私には少し物足りないかな、と最初は思っていましたが、今はベタボレしてます。というのも、本当に肌が良くなっていくのを実感することができたから。数日使っただけで、かなりお肌に変化が出ました。まず、毛穴。毛穴の深さが浅く小さくなって、ほんと、目立たないんです。ハリもすごい!」と、絶賛の声が上がっています。

 ほかの炭酸系コスメとこの「インビィカーボミスト」の一番の違いは、炭酸の量。炭酸美容は、高濃度の炭酸が含まれてなければ意味がないんだそう。肌を“酸欠状態”に陥らせ、それにより血管が拡張し血液のめぐりがよくなる作用=ボーア効果をどれだけ引き出すかが、炭酸コスメに掛かってるんだとか。そして、「インビィカーボミスト」は1本に10,000ppm以上という高濃度炭酸量。また、プラセンタエキスやビタミンC誘導体などの美容成分も封じ込めているから、これ1本で本格的な炭酸美容ができちゃいますね。

 使ってみた実感として、「インビィカーボミスト」を使った日と使わない日では、肌のコンディションが違うから、「今日はキレイ度を上げたい!」という日に投入するのもアリです。もちろん毎日使って炭酸美容を楽しむのもいいですね!

インビィカーボミスト

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー