サイ女の「文壇ゴシップ劇場」

「あんなに売れてて、天狗にならない」編集者人気ナンバー1の超人気作家の素顔

kakutamituyo.jpg
角田光代Twitterより

 売れっ子となった途端、傲慢になってしまったり、周囲の妬みを買い、アンチを生んでしまったりというのは、芸能界ではよくある話だが、出版業界でもそういった作家は少なくないようだ。「本は売れても作家本人の評判はよくないというのは、よくあること」(出版関係者)だというが、超売れっ子でありながら、編集者の間で評判がすこぶる良い稀有な作家も存在する。それは、数々のヒット作を世に送り出している角田光代だ。

 角田は1990年に『幸福な遊戯』(福武書店)で「海燕新人文学賞」を受賞してデビュー。その後も間を空けることなく作品を発表し続け、『対岸の彼女』(文藝春秋)での直木賞をはじめ、数々の賞を受賞。『八日目の蝉』(中央公論新社)や『紙の月』(角川春樹事務所)が映画化されるなど、常に第一線を走り続けている人気作家である。文学賞選考委員としても活躍し、今や文壇でもその地位を確立させているが、なぜかアンチが生まれないというのだ。

「その秘密は、角田さんの“飲みニケーション”にあると思います。基本的に朝9時から夕方5時で仕事を終わらせる角田さんは、ほぼ毎夜、編集者や仲の良い作家たちと飲み歩く。三浦しをんさんらの作家仲間と飲めば、ほかの客にも聞こえるほどあけっぴろげに猥談に花を咲かせ、編集者と飲んでも、一切偉ぶることなく、イジりイジられで大盛り上がり。酔うと眠くなるようで、宴席ですやすや眠る姿がよく目撃されていますが、その姿が意外に可愛らしく、男性陣にも人気なんです」(同)

 そんな親しみやすい人柄に加え、角田の仕事に対する姿勢も、編集者から一目置かれているという。

「酒に酔って、忘れ物や落とし物をすることはよくあるそうですが、どんなに酔っても仕事の締め切りだけは絶対に落とさない。また、エッセイ、小説、ウェブ上での連載など、どんな依頼も引き受けるのに、全てにおいてクオリティーを維持し続けていると、編集者間で称賛されています。純文学、エンタメともあのレベルで書ける作家は、今は角田さんだけでは」(別の出版関係者)

 今日もどこかで書いては飲んでいるであろう角田。今後も、その活躍に期待したい。

酒飲みと仕事を両立する健康法を教えて

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!