[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・二宮和也、最低視聴率7.4%に! 『弱くても勝てます』がAKB総選挙中継に完敗!?

yowakate01.jpg
『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)公式サイトより

 6月7日に放送された、嵐・二宮和也主演ドラマ『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)の第9話の視聴率が、7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことがわかった。これまで最も低かったのは第4話の7.6%だったが、最終話を目前にして最低視聴率を更新してしまった。

「第8話では、舞台となっている小田原城徳高校野球部が甲子園予選初戦で初勝利。特訓の甲斐があり、9話ではようやく“弱くても勝てる”ことを実証しました。しかし、視聴率はというと、同日は裏で『AKB48第6回選抜総選挙 生放送SP』(フジテレビ系)が放送され、視聴率は2部(午後7時~9時22分)が16.2%、3部(午後9時22分~11時10分)は11.4%でした。大きな宣伝を繰り広げていた一大イベントでしたし、視聴者の興味が持っていかれた可能性もありますね」(芸能ライター)

 視聴率に恵まれない一方、ドラマに登場する野球部員役の若手俳優たちは、撮影現場で一致団結。ドラマ公式Twitterやそれぞれのブログ等を通じ、現場での和気あいあいとした雰囲気が伝わる写真を投稿している。キャプテン・江波戸光輝を演じている山崎賢人は、6月3日付の自身のブログで「空き時間にアプリで遊んでる」「写真はいつも裕翔が撮ってくれる」と、同じく出演者のHey!Say!JUMP・中島裕翔が撮影したという写真をアップした。

また、同日には岡留圭役の間宮祥太朗がTwitterで、アイコン写真とともに「裕翔が撮ってくれた弱くても勝てます仕様のアイコンにした」と、ツイート。このつぶやきはリツート数が5,500を超え、 お気に入り登録数も8,500を突破するなど、多くのHey!Say!JUMPファンが反応したようだ。

「ジャニーズ事務所所属タレントは基本的にウェブでの写真掲載はNGで、他タレントのブログ等に登場することも禁止とされています。中島は出演者のブログ公開用の写真には写ることができないため、趣味のカメラを生かして撮影係を買って出たのかもしれませんね」(ジャニーズに詳しい記者)

 そんな中島は7月からスタートする連続ドラマ『水球ヤンキース』(フジテレビ系)で、単独初主演を務める。これまでドラマで題材になったことのない水球をテーマにしており、山崎とは今作でも共演。現在、ドラマで共演している先輩・二宮からは「自分らしくそのままやれば大丈夫」と、アドバイスされたとか。“演技派”と慕われる二宮との共演を経た中島が、同作でどんな演技を見せるのか? 残りあと2話を予定しているという『弱くても勝てます』の動向にも引き続き注目だ。

もはや本編ドラマがイケメン舞台裏のおまけ扱い

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!