バカに徹したのがウケた!?

コワモテの50セントが作成した、アンジー主演のディズニー映画のパロディがバカ受け

コワモテの50セントが作成した、アンジー主演のディズニー映画のパロディがバカ受け

 11歳でドラッグディーラーとなり、幾度となく修羅場をもぐり抜けてきたことを思わせるコワモテのラッパー、50セント。冗談も通じないような外見だが、彼はジョーク好きとしても有名なのだ。チキンという意味で「カーリー野郎」とディスってきたラッパーのリック・ロスのことを、カーリーヘアーのウィッグをかぶりディスり返したり、2009年に宿敵のラティーノ・ラッパー、ファット・ジョーがアルバム『J.O.S.E. 2.』をリリースした際には、「あまりにもひどいアルバムで中毒症状を起こし、病院に救急搬送された」という動画を作成。何度となくディスり合っているジェイ・Zが、義妹ソランジュから暴行を受けているサイレント動画が流出した際には、いち早く2人の声を自ら吹き替えしたオモシロ動画を作成するなど、ことあるごとにユーモアセンスを炸裂させている。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

コワモテの50セントが作成した、アンジー主演のディズニー映画のパロディがバカ受けのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 50セントセレブのニュースならサイゾーウーマンへ!